アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

嗚呼懐かしの…

顔写真
熊谷 明美 プロフィールへ
高校時代の友人と集まるといつも「あれは本当に美味しかった」という話になる。そして遠い目で「もう一度、一度でいいから食べたい」と言うとみなが頷く。卒業してから20数年、あれをこえるソレに出会った事がない。
あれとかソレととか少々じらしたが・・なんてことはない。通っていた高校でしか買えない「メロンパン」である。
学食も売店もなかった我が母校。食欲旺盛な我々の胃袋を満たすのは、毎日お昼時にやってくるパン屋さんのサンドイッチかメロンパンだったのだが、そのメロンパンが格別の美味しさだったのだ。
メロンパンの入ったビニール袋を開けた瞬間漂う優しいバニラの香り。メロンパンの黄色い部分…クッキー生地のボリューム!1cmはあろうかという厚さ、サクサク感。その向こう側にしっとりふわふわなドーム型のパン。厚いクッキー生地をまずはずしてそこだけお菓子感覚で楽しむも良し、もちろんパンと一緒に食すも良し。ポロポロとビニール袋に落ちてたまった生地を、ギュウと手で握って固めてそれを最後に食べる。少々お行儀は悪いがこれがたまらない。お昼に食べそびれて帰宅し、かばんの教科書の間でペシャンコになったメロンパンを食べながら父と一緒に大相撲を見たりもしたものだ。
生徒の間では大変人気だったのだが、はて先生方が食べることはあったのだろうか?
先日亡くなった恩師を思い、ふと考えた。