アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

そうだ 近美いこう

顔写真
宮永 真幸 プロフィールへ
思い立てばすぐに行けたのだけれども、ふりかえると数回しか足をはこばなかった場所。
京都である。
19歳までを神戸ですごした。こげ茶色の阪急電車に乗ればすぐに行けるのに、
遠足や家族での小旅行以外で京都を訪れたことはあまりなかった。
考えてみれば神社仏閣や美術館めぐり、あるいは紅葉を愛でるなどという趣味を
高校生の私がもっているはずもない。
大人になった今ならば「そうだ、京都いこう。」と週末ごとに通っていたかもしれない。
その文化をじっくりと知る機会を逸していたのだと、今や遠くなった京都に思いをはせる。

そんな京都が札幌にやって来た。
北海道近代美術館で開催中の「極と巧 京のかがやき」
見ごたえたっぷりの美術品、工芸品の数々。
なかでも釘付けとなったのが
  • 画像
安藤緑山の「竹の子に梅牙彫置物」間近でみても本物の竹の子にしか見えない。
これが本当に人の手業なのか!と信じられないほど技巧を目の当たりにする。
「極」という境地にたどり着いた「巧」の凄みに圧倒される。
ぜひその衝撃をみなさんも感じてください。本当におすすめです!
*ちなみに写真は撮影用のパネルです。