アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

やさしさのちから

顔写真
西尾 優希 プロフィールへ
先日、美容室に行ったときのこと。
なんとなく今日は喉の調子がよくないなぁ、と思いながら、髪の毛を切って貰っていると、
毎晩習慣にしていた「乾燥を防ぐために濡らしたタオルを枕元に干しておくこと」を、前日の夜は忘れてしまったことを思い出しました。
どうやら夜の間に喉が乾燥に負けてしまったようでした。

後悔の念とともに、止まらない咳。

すると後ろからすーっと手が伸びてきて、鏡の前の机にコトン、と音がしました。
そこには一杯の湯飲みに入ったお茶がありました。

「これ、シイタケ茶なんですよ。あたたまってくださいね。」

美容室の方が、喉の調子が良くない私を見て、ご厚意で出してくださいました。
手に持つと、ふわ~っとシイタケの香り。
一口頂くとお出汁のようなまろやかなシイタケの味が口いっぱいに広がります。

やさしい味が美味しくて、思わずもう一口、もう一口と頂くうちに、喉の不快感はとても楽になっていきました。

「このお茶、美味しいですね~」そんな会話をしながら
優しいお心遣いに、お茶とともに、心まで温かくなりました。