ニュース

NEWS

道内ニュース

夫を殺害 58歳の妻を逮捕

十勝の音更町で58歳の女が自宅で夫を殺害したとして逮捕されました。女は調べに対し「夫が憎い」という趣旨の話をしているということです。
殺人の疑いで逮捕されたのは、音更町の無職・高津直美容疑者(58)です。高津容疑者は、きのう午後8時半ごろ自宅の居間で、夫の正志さん(67)を殺害した疑いがもたれています。けさ、高津容疑者が帯広警察署に自首し、事件が発覚しました。正志さんは上半身を刃物で刺されていたということです。高津容疑者について付近の住民は。
(近隣の住民)「引っ越してきたときに挨拶した。普通の年配の女性という感じだった」
警察によりますと、血液は洗い流された可能性があるということです。高津容疑者は調べに対し「夫が憎かった」という趣旨の話をしているということで、警察は夫婦間でトラブルがあったとみて事件の経緯について詳しく調べています。

4/25(水)「どさんこワイド179」

「殺すつもりはなかった」容疑否認

きのう、函館市のアパートで、44歳の男が妻を包丁で刺しその後、死亡した事件で、男は「殺すつもりはなかった」と容疑を否認していることが分かりました。
殺人未遂の疑いで逮捕された、函館市鍛治2丁目の三浦貴弘容疑者(44)は、きのう午後6時すぎ、自宅アパートで、妻の英子さん(47)の胸と背中を包丁で複数回刺し、殺害しようとした疑いが持たれています。英子さんは搬送先の病院で死亡しました。貴弘容疑者は英子さんを刺したあと110番通報し、自首したということです。英子さんの死因は出血性ショックでした。調べに対し貴弘容疑者は「殺すつもりはなかった」と容疑を否認していて警察は容疑を殺人に切り替えて捜査する方針です。

4/25(水)「どさんこワイド179」

“自転車の危険”間近で学ぶ

道内では今月、自転車によるひき逃げ事件が相次ぎましたが、旭川市内の高校では、生徒たちにマナーやルールを守ってもらおうと、交通安全教室が開かれました。
旭川商業高校で開かれた交通安全教室では、生徒たちが、実験での衝撃的な場面を間近で見ながら、事故に遭わないための注意点や、自転車に乗る時のルールなどを学んでいました。
(3年生・佐々木優真さん)「自転車の乗り方など、小さなことでも事故につながるんだと思った」
警察は「自転車も交通ルールを守らなければ加害者になってしまう」と、マナーの徹底を呼びかけていました。

4/25(水)「どさんこワイド179」

“イヌサフラン”誤食の男性 死亡

自宅の敷地内に生えていた有毒植物の「イヌサフラン」を、ギョウジャニンニクと間違えて食べた70代の男性が、きのう死亡していたことがわかりました。
死亡したのは、岩見沢保健所管内に住む70代の男性です。男性は今月22日、自宅の庭にはえていた有毒植物のイヌサフランを、ギョウジャニンニクと間違って、ジンギスカンの具材として食べ、下痢やおう吐などを繰り返しました。男性は病院で治療を受けていましたが、容態が悪化し、きのう死亡しました。また、男性と一緒にイヌサフランを食べた、60代の妻にも食中毒症状がみられ、病院で手当をうけています。命に別条はないということです。岩見沢保健所は、有毒性が判断できない野草は口にしないよう注意を呼びかけています。

4/25(水)「どさんこワイド179」

夫か 男性殺害の女を逮捕

十勝の音更町で、58歳の女が自宅で男性を殺害したとして、けさ逮捕されました。男性は女の夫とみられています。
殺人の疑いで逮捕されたのは、音更町の無職・高津直美容疑者(58)です。高津容疑者はきのう午後8時半ごろ、自宅の居間で男性を殺害した疑いが持たれています。けさ、高津容疑者が帯広署に自首し、事件が発覚しました。男性は高津容疑者の60代の夫とみられ、上半身を刃物で刺されていたということです。高津容疑者の自宅からは、凶器とみられる刃物は見つかっていますが、血がついておらず、洗われた可能性があるということです。
警察は事件の経緯について詳しく調べを進めています。

4/25(水)「STVストレイトニュース」

北朝鮮・木造船窃盗事件 有罪の船長らを強制送還

松前町の島に上陸し、発電機などを盗んだとして、執行猶予付きの有罪判決が確定した北朝鮮の木造船船長の男が、強制送還に向け移送されました。
強制送還に向け移送されたのは、北朝鮮の木造船のカン・ミョンハク船長と結核の疑いで治療を受けていた乗組員の合わせて2人です。カン船長は去年11月、松前町の松前小島に漂着し、発電機などを盗んだ窃盗の罪で先月、懲役2年6ヶ月執行猶予4年の有罪判決が確定していました。
2人を乗せた車は、午前10時頃に函館港に到着しました。あすにも中国・北京経由で北朝鮮に戻される見通しです。これで、松前小島に漂着した木造船の乗組員10人全員が北朝鮮に送還されることになります。

4/25(水)「STVストレイトニュース」

ひき逃げ…男の“自転車”見つかる

札幌市中央区で起きた自転車ひき逃げ事件で、逮捕された男が証拠隠滅のために隠していたとみられる自転車が、男の自宅近くの駐輪場で見つかりました。
この事件では、札幌市中央区南9条西3丁目の歩道で、自転車で7歳の男の子をはね、救護せずにそのまま逃げたとして、札幌市豊平区の小嶋寛人容疑者がひき逃げなどの疑いで逮捕・送検されています。警察は小嶋容疑者が乗っていた自転車の捜索を進めていましたが、きのう午後9時半ごろ、小嶋容疑者の自宅からおよそ500メートル離れたマンションの駐輪場で、自転車が見つかったということです。警察は、小嶋容疑者が証拠隠滅のために自転車を隠したとみて、裏付けを進めています。

4/24(火)「どさんこワイド179」

“株の信用保証金”を差し押さえ

悪質な駐車違反を繰り返し放置違反金を滞納していた男性に対し、道警は「株の信用保証金」を差し押さえ、取り立てました。株の信用保証金を取り立てたのは、全国で初めてとなります。
道警によりますと札幌市中央区の50代の男性は、去年5回に渡り、すすきのの駐車禁止エリアに自分の車を駐車し、放置違反金の納付義務が発生していました。しかし、男性が一向にこれに応じなかったため、道警は男性が株取引きの際に証券会社に預けていた信用保証金6万3千円を差し押さえ、取り立てたということです。男性はこのほかにも駐車違反を繰り返していて、過去2回、合わせておよそ100万円の違反金を取り立てられていました。今回のように株の信用保証金を取り立てたのは全国初で、道警は今後も厳しい姿勢で臨むとしています。

4/24(火)「どさんこワイド179」

ガリンコ号 整備終え船おろし

冬の運航を終えて整備のため陸揚げされていた流氷砕氷船・ガリンコ号が、きょう夏の運航に向けて船おろしされました。
エンジンの点検やペンキの塗り替えを終えたばかりのガリンコ号が、きょうお披露目されました。今年1月から3月までの冬場の運行の乗船者数は、およそ2万8000人で、去年の同じ時期より2600人ほど少なく、運営会社は「流氷の少なさが響いた」と分析しています。今回の「お色直し」では、流氷を砕くときにはがれた塗装も鮮やかに修復されました。ガリンコ号の夏の営業は、来月3日からです。

4/24(火)「どさんこワイド179」

廃棄物処理施設火災 ほぼ鎮火

室蘭市の廃棄物処理施設できのう午後に起きた火事は、およそ12時間たってほぼ消し止められましたが、施設では新たなごみの受け入れを中止するなど影響が出ています。
きのう午後5時ごろ、室蘭市石川町の廃棄物処理施設で火事が起きました。警察によりますと、「ピット」と呼ばれる廃棄物を溜める場所でごみが燃えたということで、火はおよそ12時間半後のきょう午前5時半ごろになってほぼ消し止められました。けが人はいないということです。この火事の影響で、施設ではきょうの午後1時までは燃やせるごみの新たな受け入れを中止するということです。施設では、受け入れたごみに電池や未使用の花火などが混ざっていることがあったということで、警察では、ごみの中に発火物が混ざっていた可能性もあるとみて調べを進めています。

4/24(火)「STVストレイトニュース」

函館 自転車ひき逃げ情報提供呼びかけ

きのう函館市で7歳の女の子が自転車の男にひき逃げされた事件で、警察は現場付近で情報提供を呼びかけました。
ひき逃げ事件があったのは函館市昭和3丁目の国道5号です。警察は、きのう事件が発生した時間帯と同じ午前8時ごろに、現場付近を通行する車のドライバーなどに事件への情報提供を呼びかけました。この事件では、7歳の女の子が横断歩道上で自転車と衝突し、頭を打撲するケガをしました。自転車の男は女の子に声をかけたものの、救護はせずに走り去りました。男は黒のウインドブレーカーを着ていたということで、警察は引き続き男の行方を追っています。

4/24(火)「STVストレイトニュース」

道のプロジェクトチーム初会合

北海道日本ハムファイターズの新球場構想に関する道のプロジェクトチームの会議が初めて開かれ、支援の方向性などについて話し合われました。
先月、北広島市に建設することに決まったファイターズの新球場。建設地の決定をうけて、きょう、道庁では新球場構想に関する道のプロジェクトチームの会議が初めて開かれました。
(プロジェクトチームリーダー・渡辺明彦環境生活部長)「(道として)ボールパークの実現に向けて、できるかぎりの協力をしていく」
きょうの会議では、現在ある道路の拡張や、新球場への鉄道での輸送力強化などについて、道の支援の方向性が話し合われました。道は来月1日に北広島市と球団との3者協議を開き、具体的な支援策について話し合いを進めていく方針です。

4/24(火)「STVストレイトニュース」

子どもたちが花の植え込み

札幌にある商業施設の前で、近くの幼稚園や保育園の子どもたちがことしも住民とともに花を植えました。
札幌市中央区のサッポロファクトリーの前では、近くにある幼稚園や保育園の子どもたちが、住民とともにマーガレットやガザニアなどの花を街路樹のふもとに植えていました。花の植え込みは、観光客や市民をきれいな花で迎えようと、毎年、春に実施されています。子どもたちも、楽しそうに花や土に触れていました。

4/24(火)「STVストレイトニュース」

また自転車ひき逃げ…男逃走

また、自転車によるひき逃げ事件です。きょう午前、函館市の国道で、7歳の女の子が自転車にひかれ、けがをしました、自転車の男は、救護をせずにその場から逃走しています。
ひき逃げ事件があったのは、函館市昭和3丁目の国道5号です。午前8時ごろ、通学中の7歳の女の子が、横断歩道上で自転車と衝突しました。警察によりますと、自転車の男は「ごめん、だいじょうぶ」と声はかけたものの、救護をせずに走り去りました。
(現場近くに住む人)「(女の子は)青で渡っていたのに、自転車がいきなりぶつかって、頭をけがしたと聞いた」
女の子は頭部を打撲したうえ、耳の裏を切る軽傷です。警察はひき逃げ事件とみて、男の行方を追っています。

4/23(月)「どさんこワイド179」

千歳基地での移転訓練 戦闘機公開し訓練内容を説明

沖縄など在日アメリカ軍飛行場周辺地域への影響軽減を目的とした、千歳基地での移転訓練が、きょうから始まりました。これに先立ち、地元関係者向けに戦闘機を公開しての説明会が行われました。
千歳基地周辺の地元自治体の関係者らが参加した説明会では、実際に訓練に使用する戦闘機を公開したほか、訓練内容についてアメリカ軍の担当者が説明しました。移転訓練をめぐっては、地元自治体が事前に土日や祝日、早朝の訓練を実施しないことや、騒音の測定、安全確保に万全を期すことなどを要請しています。また連合北海道などは、防衛大臣や知事などに、移転訓練自体に反対する申し入れをしています。

4/23(月)「どさんこワイド179」

わいせつ目的で誘拐の男 被告に懲役5年を求刑

去年11月、10代前半の少女をわいせつ目的で誘拐したとして、誘拐などの罪に問われている男に、検察は懲役5年を求刑しました。
未成年者誘拐などの罪に問われているのは、佐々木隆光被告(34)です。佐々木被告は去年11月、SNSで知り合った10代前半の少女を、札幌市内の自宅マンションに連れ込み、わいせつ行為をしたなどとされています。きょうの裁判で検察は、「自己の欲求を満たすために、座間市の事件を参考にした犯行は悪質である」などとして、佐々木被告に懲役5年を求刑しました。これに対し弁護側は、病院に通い再犯防止のための治療を受けているとして、情状酌量を求めました。判決は6月18日に言い渡されます。

4/23(月)「どさんこワイド179」

店内で女が男性を刺す

札幌市南区のコンビニエンスストアでけさ、元内縁関係にあった男性を包丁で刺し、殺害しようとしたとして34歳の女が逮捕されました。
殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、札幌市南区の34歳の女です。女は午前6時ごろ、札幌市南区澄川のコンビニエンスストアで元内縁関係にあった48歳の男性を包丁で刺し、殺害しようとした疑いが持たれています。
警察によりますと、包丁が根元から折れたため男性にけがはありませんでした。2人は事件が起きる少し前から口論となっていました。調べに対し、女は容疑を認めていますが、会話がかみ合わない部分も多く、警察は責任能力の有無を慎重に調べています。

4/23(月)「STVストレイトニュース」

春!大通公園の噴水再開

札幌にも春の訪れです。大通公園ではきょうから噴水に水が通り始め、市内では、自転車を共同利用できるサービス「ポロクル」の営業が始まりました。
きょうから始まった札幌・大通公園の噴水。2丁目から4丁目にある3つの噴水に水が通りました。きょうの札幌は、最高気温が平年より3℃ほど高い16℃になる見込みで、観光客も春の暖かいひざしの中で写真を撮るなどして噴水を楽しんでいました。
また市内では、ことしで8年目を迎えた自転車を共同利用できるサービス・「ポロクル」の営業が始まり、けさも通勤に利用する人の姿が見られました。
(利用者)「(使うのは)出勤のときなんですけど、やっぱり快適です」
「ポロクル」は、今シーズンも市内41か所に専用駐輪場を設けて、10月いっぱいまで営業する予定です。

4/23(月)「STVストレイトニュース」

最古の蒸気機関車大修理へ

道内で最も古い「動く蒸気機関車」として小樽市総合博物館に保存されている「アイアンホース号」が修理のため、きょう大がかりな搬出作業が行われています。
去年10月にボイラーに故障が見つかり、博物館での運行を休止していた「アイアンホース号」。きょう、機関車と炭水車を切り離した後、機関車を大型クレーン車で吊り上げ、トレーラーに積み込まれました。機関車は札幌市内にある整備会社に運ばれ、車体本体からボイラーを取り外した後、大阪の整備会社で修理し、7月の再運行を予定しています。
小樽市では、修理費およそ1200万円のうち、600万円をインターネットによる寄付「クラウドファンディング」で賄う予定で、きょうから受付を開始しています。

4/23(月)「STVストレイトニュース」