STVラジオ 番組審議会

  • 番組審議会とは、放送法で「放送業者者は放送番組の適正を図るため、放送番組審議機関を置くものとする」(放送法第三条の四)と設置を義務づけられた機関です。
  • 株式会社STVラジオでは、毎月1回番組審議会を開催、放送番組の内容や放送に関する問題について審議が行なわれています。

平成30年度第7回番組審議会議事録

1.開催日時

平成30年11月22日(木)午後400分〜午後4時45分

2.開催場所

札幌テレビ放送会館アネックス7階A会議室

3.出席者

 委員数      6 名
[出席委員]  6 名
竹川 雅治    委員長
平野 康隆  副委員長
伊藤 雅人    委員 
田中 哲也    委員 
村澤 規子   委員
井上 奈穂子
 委員
[欠席委員]  0 名          
[会社側代表]  4  
石部 善輝    代表取締役社長
村上 雅志  制作部長
上林 史明   プロデューサー                             
[事務局]
大島 康孝  経営企画部次長

4.議題

「playlist(プレイリスト)」
(11月3日(土) 午後5時00分〜午後6時00分放送)

 

 


 

 

5.議事の概要

5.議事の概要

 平成30年度第7回番組審議会は、「playlist(プレイリスト)」を議題として開催されました。社側からの報告の後、番組の審議に移り、各委員から以下のようなご意見ご要望を頂きました。

●上野由加里さんがとても明るく、聴きやすいと感じた。洋楽だとノリノリのイメージがあるが、落ち着いたトーンがとても良いと感じた。スピーディーでもなく、スローリーでもなくちょうどよい話し方で、この音楽番組のパーソナリティとしてとてもマッチしていた。選曲も比較的落ち着いた感じのものだったので、聴き心地が良く、ちょうど土曜日の夕方には合っていた。


●上野さんはアナウンサー13年という経歴があり非常に滑らかな口調だが、逆にそれが何かサラッと話しているような感じで、もう少し自分の想い、色を伝えても良かったかと感じた。曲の紹介について、何となく原稿を読んでいるような感じがして、上野さんが心からこの洋楽を好んでいるのかという感じは、伝わってこなかった。


●この番組の「プレイリスト」がどういう基準で選ばれているのか気になった。おすすめの洋楽も、なぜこの曲を推奨するのか分からなかった。


●色々な曲が次々とかかり、洋楽好きの方には流し聴くのにぴったりだという印象を受けた。一方で、普段洋楽を聴かない私にとって初心者向けの曲が1曲だけと少なく、1時間ずっと聴くのはなかなか厳しいと感じた。放送される曲がどういう基準で選ばれたのかが気になった。


●私は洋楽が好きでよく聴くが、FMの場合ヒットチャート紹介でDJがどんどん曲をかけるというような番組が主だが、AMだとこういった洋楽を中心に紹介する番組は、意外と無いかと思う。だからこういう落ち着いたトーンで、いろいろな世代・ジャンルの洋楽を粛々とかけていくという番組は、非常に好感が持てた。


●「勲章をもらったアーティスト」というテーマは内容も面白く興味を引かれた。しかし2曲だけでそのコーナーは終わり、もったいなく感じた。同じテーマでもっと何曲もかかったり、何人もアーティストを紹介してもらえると、より聴き続けられると感じた。


●過去の曲を中心に放送していたが、誰でも聴いて瞬間的に分かるような超ビッグヒット曲を全体3曲ぐらい織り交ぜたほうがアクセントになり、番組に聴き入るのではないかなと思った。
また、曲を聴く前にもっと深い説明があれば良い。歌詞の意味や演奏のテクニックなど、聴き
どころがわかると興味をもって聴くことが出来ると思った。


●季節をテーマにしたり、その日のシチュエーションなどに合わせて選曲という部分もあり、色々考えて作りこんでいると感心した。専門的な知識や、玄人しか知り得ないような情報も多く出ていた印象。それをサラッと案内している所が良いと感じた。


●「YUKA rhythm」のコーナーは上野さんへの親近感がわくと思う。しかし、今回の内容はスープカレーというリスナーが食いつきそうなテーマだったが、具体的にどのお店が良いとかいう突っ込んだ話が無かった。


●スープカレーやジンギスカンを初めて食べたときの感動など、北海道の食文化についての感想があったが、道外出身者の上野さんならではの感性であり、私達道内関係者としては、北海道の魅力を新鮮に感じる機会となった。


●STVラジオの番組は「ひとつひとつに結構特徴があるな」と思いながらこれまで聴いてきたが、この番組は、まだ回数が少ないせいか、こぢんまりとまとまっていて、ちょっとインパクトに欠ける、何となくサラッと聞き流して1時間終わってしまうというような印象だった。

 
 続いて12月に予定されている単発番組、事業等の説明、聴取者からの声の報告等がなされ平成30年度第7回番組審議会を終了しました。次回の平成30年度第8回番組審議会は、平成31年1月24日(木)に開催を予定しております。

目次