ちょっと暮らし北海道

大山慎介のちょっと暮らし北海道は・・・

北海道の新しい滞在スタイルを提案する番組です。
毎週、札幌から北海道の魅力をたっぷりお届けしています。

ポッドキャストで番組を聴く

ポッドキャスト
「番組」を放送と同じノーカットでお聴きいただけます。
お聴き逃した方は是非こちらでチェックしてください!
  • 大山&えみの

北海道田舎活性化協議会「+HOKKAIDO」

 「いつもアナタのそばに北海道を!」をテーマに、ちょっと暮らしの情報や、地域の「生」の情報、説明会のご案内、また地域の特産品情報をお伝えするホームページ「+HOKKAIDO(ぷらすほっかいどう)」
 
現在、無料の個人会員も募集中です。
 
詳しくは、↑の +HOKKAIDO(ぷらすほっかいどうホームページ http://plus-hokkaido.org/) にアクセスしてください。
  • 厚沢部町の鮎釣りの風景(写真:大山慎介提供)
    厚沢部町の鮎釣りの風景(写真:大山慎介提供)
田舎で「ちょっと」暮らしてみませんか??
地元の方と触れ合い、役場のサポートを受けながら市町村に短期(1週間〜1ヶ月、半年間)ステイする『ちょっと暮らし(お試し居住)』 観光やマンスリーマンションでは味わえない「町民、村民体験」ができる・・つまり「観光ではなく、移住でもない。『お試し』で暮らすこと」を言います。

役場の方だけでなく、地元の方との触れ合いによって、観光ではわからなかった「ちょっと違う目線」で町を見ることができます。

平成17年に実証実験を行ない、28人が参加。
翌平成18年から本格的にスタート。400人が参加。
現在「ちょっと暮らし(お試し居住)」は、全国でおよそ400団体が行っています。

この番組は、その「ちょっと暮らし」の情報はもちろん、「北海道の暮らし方・付き合い方」をリスナーの皆さんと一緒に考える番組です。
  • 大山&えみの
毎月最終日曜日『お便り特集』
全国の皆さんからいただいたおハガキやメールをご紹介しています。
「ちょっと暮らしする時の疑問・質問」「北海道暮らしってどうなの?」逆に北海道の皆様から「北海道と本州のギャップ」「道内から道内の町へのちょっと暮らしってできるの?」などテーマはフリーです。★番組でご紹介された方全員に、大山慎介のふるさと厚沢部のスペシャル・グッズをプレゼントしています!あなたからのメッセージをお待ちしています! \(^o^)/

メールは・・・ kura●stv.jp (●の部分を@に変えてください) 

ハガキは・・・ 〒060-8705 「STVラジオ ちょっと暮らし北海道お便り係」

※必ず『住所』『氏名』『電話番号』を必ずお書きください。

2019年2月10日『北海道 標茶町』

2019年2月10日(日)
  • 今週は標茶町

今週は道東・標茶町(しべちゃちょう)をご紹介!南は釧路湿原!ちなみに標茶高校の敷地は日本一広~い!

番組では、標茶のちょっと暮らしを担当している、標茶町役場 企画財政課 地域振興係 久保田 祐介さん(30歳)を電話をつないいで、冬の楽しみについておききしました。
★1月26日~2月24日まで、釧路~標茶間を「SL冬の湿原号」が運行しています。
 ・車内はレトロな作りで、客車にはダルマストーブが設置されており、
  車内の売店で売られているスルメを自分で焼いて食べることもできます。
 ・地元ガイドがSLに乗車し、釧路湿原やタンチョウなど沿線の自然を案内します。
 ・標茶駅では観光無料送迎バスが運行されているほか、
  駅の横では、「ポロニ養鶏場」の大木さんが代表を勤めている
 「グリーンツーリズム標茶」による期間限定のお店がオープンしています。
 

標茶町では現在、平成31年度ちょっと暮らしの2次募集中!

冬期間はSLや 塘路湖でのワカサギ釣り、寒い中での温泉など、夏とは違う北海道の魅力を味わえます。北海道への移住を考えている方のネックとなっている冬の寒さを体験するには冬期間の利用がおすすめです⇒標茶町役場 地域振興係(電話)015—485—2111

STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く
紺屋高尾
日高晤郎DVD 2012 「上方寄席芸人伝 桂文京」