ちょっと暮らし北海道

大山慎介のちょっと暮らし北海道は・・・

北海道の新しい滞在スタイルを提案する番組です。
毎週、札幌から北海道の魅力をたっぷりお届けしています。

ポッドキャストで番組を聴く

ポッドキャスト
「番組」を放送と同じノーカットでお聴きいただけます。
お聴き逃した方は是非こちらでチェックしてください!
  • 大山&えみの

北海道田舎活性化協議会「+HOKKAIDO」

 「いつもアナタのそばに北海道を!」をテーマに、ちょっと暮らしの情報や、地域の「生」の情報、説明会のご案内、また地域の特産品情報をお伝えするホームページ「+HOKKAIDO(ぷらすほっかいどう)」
 
現在、無料の個人会員も募集中です。
 
詳しくは、↑の +HOKKAIDO(ぷらすほっかいどうホームページ http://plus-hokkaido.org/) にアクセスしてください。
  • 厚沢部町の鮎釣りの風景(写真:大山慎介提供)
    厚沢部町の鮎釣りの風景(写真:大山慎介提供)
田舎で「ちょっと」暮らしてみませんか??
地元の方と触れ合い、役場のサポートを受けながら市町村に短期(1週間〜1ヶ月、半年間)ステイする『ちょっと暮らし(お試し居住)』 観光やマンスリーマンションでは味わえない「町民、村民体験」ができる・・つまり「観光ではなく、移住でもない。『お試し』で暮らすこと」を言います。

役場の方だけでなく、地元の方との触れ合いによって、観光ではわからなかった「ちょっと違う目線」で町を見ることができます。

平成17年に実証実験を行ない、28人が参加。
翌平成18年から本格的にスタート。400人が参加。
現在「ちょっと暮らし(お試し居住)」は、全国でおよそ400団体が行っています。

この番組は、その「ちょっと暮らし」の情報はもちろん、「北海道の暮らし方・付き合い方」をリスナーの皆さんと一緒に考える番組です。
  • 大山&えみの
毎月最終日曜日『お便り特集』
全国の皆さんからいただいたおハガキやメールをご紹介しています。
「ちょっと暮らしする時の疑問・質問」「北海道暮らしってどうなの?」逆に北海道の皆様から「北海道と本州のギャップ」「道内から道内の町へのちょっと暮らしってできるの?」などテーマはフリーです。★番組でご紹介された方全員に、大山慎介のふるさと厚沢部のスペシャル・グッズをプレゼントしています!あなたからのメッセージをお待ちしています! \(^o^)/

メールは・・・ kura●stv.jp (●の部分を@に変えてください) 

ハガキは・・・ 〒060-8705 「STVラジオ ちょっと暮らし北海道お便り係」

※必ず『住所』『氏名』『電話番号』を必ずお書きください。

2018年8月5日『北海道 標茶町』

2018年8月5日(日)
  • 標茶町

2018年8月5日『北海道 標茶町』

大山慎介のちょっと暮らし北海道 8月5日の放送は・・・
“釧路湿原のまち”「北海道 標茶町」をご紹介しました!

●標茶町は・・・北海道の東
にある山あいの町。釧路空港や中標津空港からおよそ1時間くらい(大島談)町の南側には、日本最大の湿原「釧路湿原国立公園」の45%があって、特別天然記念物のタンチョウをはじめ、多様な動植物が見られます。湿原で最大の湖・塘路湖では、夏はカヌー/冬はワカサギ釣りができます。まちの北側は酪農を中心とした田園地帯、乳牛およそ4万頭が飼育されています。

●番組では、2012年から冬は埼玉県鴻巣市/夏は標茶という2つの地域で暮らしている、小井手栄子さん(70歳)と電話をつないでお話を伺いました。
小井手さんは、埼玉の猛暑を避け、大切なペット(犬&猫)連れて各地を回っていましたが、たまたま通りかかった標茶が「ピンと来た」のでその足で役場を訪ね、丁寧な対応があったことから移住へとつながりました。サイクリングやドライブ、登山を楽しむ生活!3年前には息子さんも標茶に誘い、息子さんは今では牧場で馬の生産・育成に携わっています。

※標茶町では、移住や、ちょっと暮らし体験の相談を受け付けています!地域振興係(電話)015—485—2111 ペットOKの物件も!


STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く
紺屋高尾
日高晤郎DVD 2012 「上方寄席芸人伝 桂文京」