ちょっと暮らし北海道

大山慎介のちょっと暮らし北海道は・・・

北海道の新しい滞在スタイルを提案する番組です。
毎週、札幌から北海道の魅力をたっぷりお届けしています。

ポッドキャストで番組を聴く

ポッドキャスト
「番組」を放送と同じノーカットでお聴きいただけます。
お聴き逃した方は是非こちらでチェックしてください!
  • 大山&えみの

北海道田舎活性化協議会「+HOKKAIDO」

 「いつもアナタのそばに北海道を!」をテーマに、ちょっと暮らしの情報や、地域の「生」の情報、説明会のご案内、また地域の特産品情報をお伝えするホームページ「+HOKKAIDO(ぷらすほっかいどう)」
 
現在、無料の個人会員も募集中です。
 
詳しくは、↑の +HOKKAIDO(ぷらすほっかいどうホームページ http://plus-hokkaido.org/) にアクセスしてください。
  • 厚沢部町の鮎釣りの風景(写真:大山慎介提供)
    厚沢部町の鮎釣りの風景(写真:大山慎介提供)
田舎で「ちょっと」暮らしてみませんか??
地元の方と触れ合い、役場のサポートを受けながら市町村に短期(1週間〜1ヶ月、半年間)ステイする『ちょっと暮らし(お試し居住)』 観光やマンスリーマンションでは味わえない「町民、村民体験」ができる・・つまり「観光ではなく、移住でもない。『お試し』で暮らすこと」を言います。

役場の方だけでなく、地元の方との触れ合いによって、観光ではわからなかった「ちょっと違う目線」で町を見ることができます。

平成17年に実証実験を行ない、28人が参加。
翌平成18年から本格的にスタート。400人が参加。
現在「ちょっと暮らし(お試し居住)」は、全国でおよそ400団体が行っています。

この番組は、その「ちょっと暮らし」の情報はもちろん、「北海道の暮らし方・付き合い方」をリスナーの皆さんと一緒に考える番組です。
  • 大山&えみの
毎月最終日曜日『お便り特集』
全国の皆さんからいただいたおハガキやメールをご紹介しています。
「ちょっと暮らしする時の疑問・質問」「北海道暮らしってどうなの?」逆に北海道の皆様から「北海道と本州のギャップ」「道内から道内の町へのちょっと暮らしってできるの?」などテーマはフリーです。★番組でご紹介された方全員に、大山慎介のふるさと厚沢部のスペシャル・グッズをプレゼントしています!あなたからのメッセージをお待ちしています! \(^o^)/

メールは・・・ kura●stv.jp (●の部分を@に変えてください) 

ハガキは・・・ 〒060-8705 「STVラジオ ちょっと暮らし北海道お便り係」

※必ず『住所』『氏名』『電話番号』を必ずお書きください。

2018年10月14日『北海道 豊浦町』

2018年10月14日(日)
  • 今週は豊浦

2018年10月14日『北海道 新得町』

大山慎介のちょっと暮らし北海道 10月14日の放送は・・・
初めての登場です「北海道 豊浦町」をご紹介しました!

●豊浦町は・・・噴火湾に面した岩や断崖が並ぶダイナミックな海岸線、北は蝦夷富士・羊蹄山をのぞむ風光明媚な場所にあります。アクセスは新千歳空港から豊浦町まで、車で1時間40分。札幌まで車で2時間。噴火湾は漁業・ホタテ養殖が盛んで、毎年3月上旬には「世界ホタテ釣り選手権大会」が開催されます。農業も盛んで、豊浦いちごのほか、ジャガイモや水稲が栽培されています。人口は3,998人(平成30年9月末現在)

●番組では今年5月、農業を志し神戸から豊浦へ移住して来た、生島亜由美さん(29歳)と電話をつなぎました。生島さんは、現在「豊浦町 地域おこし協力隊」として町内の農家さんの支援にあたっています。もともとは京都で農業を学んでいましたが、去年3月に豊浦で実習があり1泊2日初めての北海道へ。その後、去年7月と11月に豊浦町でちょっと暮らしを体験。親の反対もあったそうですが、9月神戸へ帰省した時、ジャガイモ・とうきびを持って帰ったところ大好評だったそうです!豊浦での暮らしは、やっぱり人の良さ!楽しく生活している様子が伝わって来ました。

※豊浦町 ちょっと暮らしのお問合せ先 ⇒ 豊浦町役場 「移住相談 ワンストップ 窓口」電話番号0142-83-1422


STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く
紺屋高尾
日高晤郎DVD 2012 「上方寄席芸人伝 桂文京」