アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

文鳥との生活

顔写真
北本 隆雄 プロフィールへ
文鳥はインコよりも小さく
スズメとほぼ同じ大きさの人懐っこい鳥です。
小学生のころ実家で飼っていました。

朝、母がリビングで鳥カゴを開けると
一目散に私がまだ眠る部屋まで飛んできました。

その後、私の差し出した手の中に潜り込み
15分ほど一緒に寝るのが恒例でした。

しばらくすると、手をくちばしで優しく突きはじめます。
毎朝、文鳥に起こされるという幸せな生活でした。

一人暮らしになった今、また文鳥を飼いたいなと思い始めました。
そのことを隣のデスクの急式アナウンサーに話してみると

「あなたひとりで飼えるの。」
「ひとりで命を預かるのは、そう簡単なことじゃないよ。」

と諭されました。

私の部屋が散らかっている話や
生活サイクルがぐちゃぐちゃな話も知っている
急式アナからの信頼は、ゼロです。当たり前です。

潔く、あきらめます。