アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

「カサカサ」  北本 隆雄

顔写真
北本 隆雄 プロフィールへ
札幌の大通公園で、スーツ姿の男性が
道の端をずっと歩いていました。

なんでだろう、と思っていたのですが
そこには寄せられた落ち葉があります。

「カサカサ」という音と、感触を楽しむために
落ち葉の道を歩いているようです。

それぞれが、それぞれで秋を楽しんでいます。

わたしは秋の「円山」に登ってみました。

標高225m。近所の人達の
ハイキングコースにもなっている山です。

頂上に近づくほど
葉が赤や黄色に変わっています。

そんな登山道で
幼稚園の子どもたちに追いつきました。

10人くらいがおそろいの帽子をかぶり
先生たちに鼓舞されながら登っています。

すると、わたしの目の前をリスが通り過ぎました。

そのリスは10mほど先にいた
子どもたちの列のすぐ後ろで止まりました。

リスがいることを知らせてあげると
喜んでもらえるかもしれない。伝えたい。

でも、ちょっと恥ずかしい。
怪しいおじさんと思われたらイヤだ。

いろんなことを考えながら、思い切って口を開きました。

「リスだあああああ」

ちょっと力が入り、ちょっと上ずり
大きな声になり、最後が伸びました。

驚いたリスは子どもたちが振り返るよりも早く
森の中へと消えてゆきました。

子どもたちが目にしたのは
どうしようもない表情で立ちすくむ、わたしだけ。

一瞬、静かになった登山道を
乾いた風に木々が揺れる音が響きます。

しばらくして、先生が
「リス、いたんだって!」

子どもたちも
「リス、いたんだね!」

また前を向いて、歩きだしました。

子どもたちの足元が「カサカサ」と鳴ります。
乾いたその音が、ちょっと心に刺さりました。

あぁ冷たい風が気持ちいい。

北本 隆雄のバックナンバー

読み込み中…