アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

言葉の春  小出 朗

春夏秋冬、好きな季節は人それぞれですが、私は“春”が一番好きです。
理由は沢山ありますが、ずばり言うとワクワクするからです。
春は冬の寒さからの爆発力を感じませんか?例えば、花々は一気に咲き誇り、それを表現する言葉・春爛漫や百花繚乱などは艶を感じます。
さてそんな“春”を使った熟語や言葉などは星の数ほどありますが、不思議に思った春がありました。それが春巻きです。
春を巻く!?よく考えたらなんじゃそりゃ。と思い、語源を調べてみると…。
春巻きは中国料理・点心の一つで古くから食べられていました。
一般的に豚肉やタケノコ、野菜などを小麦粉で作った薄皮に包んで油で揚げたものを指します。特にかつてはニラなど緑色の春野菜をたくさん巻いていたそうです。さらにタケノコは春の食材ですし、そういった食材が芽吹きの春を連想させる、春巻きと言われるようになったそうです。
今は一年を通して、安定的に食材は流通していますが、改めて旬の食材をいただくということを昔の人は大切にしていたのだと実感しました。私も体が喜ぶ旬の食材を普段の食事から取り入れていこうと思いましたし、言葉からも小さな春を見つけることができました。

小出 朗のバックナンバー

2021年 (5件)

2020年 (15件)

2019年 (14件)

2018年 (12件)

2017年 (12件)

2016年 (12件)

2015年 (18件)