アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

飛びます、飛びます♪  小出 朗

その瞬間は6月24日(土)楽天戦で突如として訪れました。
この日も4番に入った中田選手の第一打席、応援歌冒頭のメロディーが流れると、自然にファンの皆さんが体を上下に揺さぶります。これはどこかで聞き覚えのある!?そう稲葉さんの応援歌冒頭に似たメロディーが流れたのです。そこから、稲葉ジャンプならぬ「中田ジャンプ」が札幌ドームに巻き起こりました。

きっかけは去年9月のロッテ戦。
「北海道レジェンドマッチ」と題して2006年当時のユニフォームを着用して挑んだ試合でした。応援団の皆さんが中田選手の打席で稲葉さんの曲を演奏したんです。
『びっくりした。応援歌(稲葉ジャンプは)個人的にはうれしかった。稲葉さんは、ずっと僕たちの手本のような人。違った意味で気合いが入った。』
と語った中田選手。
さらにシーズンオフに開催された稲葉さんとのトークショーで、
中田選手がこの日のことを思い出し
『鳥肌が立ちました。自分の応援歌の時に中田ジャンプをして欲しい。』と発言。
これが発端となって応援団の皆さんが、今回中田ジャンプ用の曲を作成したそうです。
今後もチャンスの時に、中田選手が打席に立ったら応援歌冒頭から集中です!!
さらに交流戦打率2位と好調だった松本剛選手にも“自分専用の応援歌”が誕生。
個別応援歌というのはプロ野球選手全員にあるわけではないので、松本選手も喜びに浸ったようです。
応援する我々も気合いが入ります。
怪我人の影響などで中々波に乗れない今季ですが、新たな応援スタイルで最後まで諦めずに声援を送りましょう!!

小出 朗のバックナンバー

読み込み中…