アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

覚醒へ!  工藤 聖太

顔写真
工藤 聖太 プロフィールへ
今季ファイターズに加入した大田泰示選手。先日の楽天とのカードで移籍後初ホームランを本拠地札幌ドームで放った。「移籍してから札幌ドームの1試合目で打てて良かった。この感触を忘れないために寝ません」と試合後、冗談交じりで話してくれた。
そんな大田選手は神奈川県の東海大相模高校出身。今年のWBCで侍ジャパン準決勝進出に大きく貢献した巨人・菅野投手の後輩である。私も神奈川で高校野球をしていた人間。実は秋と春に対戦した経験がある。(私は記録員としてベンチに入っていただけだが…)
秋の対戦では、4番の大田選手を完全に封じ、完封勝利した。自分たちのチームのエースは、インコース高めのボールを利用しながら決め球はアウトコース、打者のタイミングを外すチェンジアップ。自分たちは東海大相模に勝ったことで勢いがつき、そのまま県大会と関東大会を制覇した。ただ大田選手の打席での雰囲気、バットにボールが当たったらとてつもなく飛ぶんだろうなとベンチで見ていて私は怖さを感じた。
2度目の対戦となった春の県大会の決勝戦。秋と同じく4番に座っていた大田選手はインコース高め(秋に投手がうまく利用していたボール)を横浜スタジアムの中段に見事なホームランを放った。ダイヤモンドを一周しホームインした時、一塁側の私たちのベンチに向かって満足そうな表情(どや顔)をしていたのが印象的である。その後の対戦はないが、夏の大会の開会式の時に、一緒に写真を撮ったことが懐かしい。
人と人とのつながりは不思議なもので、北海道で再会を果たした。当時のことを聞くと、しっかりと覚えていてくれた。5月の巻き返しへ、私はキーマンの一人だと思っている。
「自分の強みは長打力と脚力、そして守備。野球はセンターラインが大事なので強い外野陣の1人になりたい。札幌ドームは広くて守りやすく、自分の強みを生かせる球場」と、自信たっぷりに語ってくれた。
そんな大田選手をはじめ、ファイターズの選手が躍動する模様をテレビ・ラジオ共にSTVでお楽しみを!!
テレビ解説 西崎幸広さん 実況 岡崎アナウンサー
ラジオ解説 稲田直人さん 実況 永井アナウンサー

工藤 聖太のバックナンバー

読み込み中…