アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

名作アニメ映画の舞台裏  熊谷 明美

顔写真
熊谷 明美 プロフィールへ
 結論から言うと、こんなにワクワクが止まらない展覧会は初めてでした!!
「トイ・ストーリー」「モンスターズ・インク」「カーズ」「カールじいさんの空飛ぶ家」「ファインディング・ニモ」…世界中の子供はもちろん大人をも虜にしてしまうピクサーアニメーションの名作の数々。初めて観た映画がピクサー映画だったなんて方もいるのではないでしょうか?そんな映画の世界に迷い込んだような気分を味わえる「PIXARのひみつ展〜いのちを生み出すサイエンス〜」が、いま札幌芸術の森美術館で開催されています。
  • 画像
(いきなり大きなバズライトイヤーがお出迎え。一緒に写真を撮っている人がたくさんいました)

 中に入ると、アニメーション制作の鍵となる過程が8つに分かれていて、それぞれ模型などを用いて順を追って科学的な視点から解説されています。キャラクターやセットのデザイン制作、それらの3Dデータを2次元の映像に変化させるなどなど…あのシーンはこんな風に生まれたんだ!と驚きと発見の連続、目から鱗!さらにじっくり見ていくと、3DCGの映画がコンピューターの中だけではなく、クリエイター1人1人の繊細な手先の作業とアイデアと試行錯誤の積み重ねで出来上がっている事がよくわかります。ド素人から見たら気が遠くなるような作業です。1シーンに一体どれだけの時間を費やしているのでしょう(正解は会場で確かめて下さい)!!
 さらに何がいいってこの展覧会、【この展示物に触らないで下さい】【写真撮影はご遠慮下さい】がほとんどない…つまり、触ってイジって遊んで写真をバシバシ撮ってオッケーなんです!「それ触っちゃダメ!!」「そんなに近づいちゃダメ!」のストレスが無し!これ小さなお子さんをお持ちの親御さん、ちょっと嬉しくありませんか??
  • 画像
  • 画像
(これは様々なパーツでロボットを作っているところ。息子も夢中。ちなみに会場内の熱気により裸の大将スタイル)

 私も気が付けば滞在時間は2時間近くにもなっていました。隅から隅まで見たはずなのに、また行きたい!すぐにでも行きたい!なんて気持ちに…。
「PIXARのひみつ展」は6月28日までの開催です。
  • 画像

熊谷 明美のバックナンバー

2022年 (6件)

2021年 (16件)

2020年 (15件)

2019年 (13件)

2018年 (9件)

2017年 (2件)

2016年 (12件)

2015年 (12件)