アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

熊谷、携帯無くしたってよ

顔写真
熊谷 明美 プロフィールへ
年末年始のお休みに入ってすぐの話。大掃除もしていない、いつもは書き終わっている年賀状も進んでいない、書かなければいけない書類、本州の実家の用事、子供の事…とまあ頭の中はやらなければいけないことでいーーっぱい!にも関わらず毎朝投げかけられる「きょうはどこいくのーー??」(←母に似てお出かけ好き)「ボクはこうえんにいきたいなあ!」(←冬に公園で遊ぶのは難しい事をイマイチ理解できていない)「きょうはクレープをたべたいなあ!」(←アンパンマンに出てくる「クレープマン」というキャラクターの影響)「ママはカエルになって、はねて。もっとたかくはねて!!」(体力的に厳しく全然高くジャンプできない)などの言葉にやりたいことが全く進まない。とりあえず体力を使ってたっぷりお昼寝をしてもらおう作戦に出ることに。デパート内をくまなく歩きお買い物、最後におもちゃ売り場に行きあれこれ見ていると、子供用の工具箱を発見!子供用に作られた、危なくない工具がたくさん入っていてなかなか本格的!ご自由にどうぞと書いてあるおもちゃに目を輝かせ遊び始めた!しめしめ…と私はその間に携帯で連絡事を済ませる。と程なくして「ママー、これやって」きた…。そこにしゃがんで工具をを駆使しおもちゃの車の修理。一通り終わると「こっち来てー」「これどうやるのー?」…ぜんっぜん疲れる気配なし!!むしろますます目が爛々としてきちゃったりして。困ったなあ…と思っていると、もっと困った事態発生!

携帯がない!!

あれ?あれあれあれ??と思わず出た声にまわりの家族連れも「なんだこの人、アブないなあ」の視線を送ってくる。さっきまであったよね、だってさっきまで持ってたもんね、と自分を落ち着かせてここまでの数分を思い出す。
!!!工具箱のところだ!
あの時ちょうど携帯を触っている時に車の修理を頼まれて、しゃがんで、携帯を横に置いて両手を使って作業をした、あの場所!!大荷物に子供を抱えて飛ぶようにそこに戻ると…
ない。ないないないないないないない。
絶対ここだと確信を持っていたとこにないなんて絶望的だ。とりあえず店員さんに聞いてみよう。
「ああ、ありましたよ。でもこちらの決まりですぐに落とし物センターに持っていかなくてはいけなくて。もうそちらに持って行ってしまいました。」
あった、良かった!!という気持ちと同時にお店側のスピーディーな対応にビックリ!だって工具箱のところを離れてから無くしたことに気づくまで5分もたっていないはず!その間に誰かがカウンターに届けてくれて、店員さんが落とし物センターに持って行く…。何はともあれ見つかって良かった!拾って届けてくださった方に、この場をお借りしてお礼を申し上げます。
…あれ?このフレーズ、去年1月のアナウンサー日誌でも書いたぞ。そうだ、2018年の年末にもお財布を落としたんだった(無事戻ってきた)。気は早いが2020年の年末も気をつけろ、私!