アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

味の決め手は?!  佐藤 宏樹

顔写真
佐藤 宏樹 プロフィールへ
インド料理の代表格 カレー

具材や香辛料、人によっては隠し味を入れるなど、組み合わせの種類が多い料理。
作る人によって味が変わる、奥が深いものだと思います。

先日、ちょっとしたきっかけで普段仲良くしていただいているお店のマスターさんに作り方を教えていただきました。沢山のポイントを伝授していただき、料理初心者の私にとっては「へえ〜」と唸るような新たな発見ばかり。
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが
・香ばしさを出すため、また美味しくない脂を落とすために手羽元は焼いてから入れること。
・マンゴーチャツネを入れると甘味とコクが出ること。

  • 画像
※マンゴーチャツネです
(初めて聞いたので調べたところ、マンゴーに香辛料や砂糖、酢などを加えてジャム状に煮たものだそうです。)

その他にも教えていただいたポイントはありますが、その中でも一番大事なこと…
それは玉ねぎをじっくり時間をかけて炒め、飴色にすること。
「ここを横着しないように!出来上がった時の味が変わるから。」と言うマスター。
味がどう変わるのか?その時の私は分かりませんでした。
  • 画像
出来上がったカレーを一口。
ちょっとすると、口の中に甘味がぐわーーーっと広がっていきました。
「玉ねぎをじっくり炒めると、ここまで甘味とコクが増すのか!」
驚きました。

じっくり時間をかける事で味の深みが増すんですね。
料理男子へ一つ階段をのぼりました