アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

油野家ドライブ  油野 純帆

顔写真
油野 純帆 プロフィールへ
先日、家族と半年ぶりに再会しました。
23年間、父と母と家族3人で暮らしてきた私にとってこんなに長い時間会わなかったのは初めてでしたが、会った瞬間、一瞬にして実家で生活していた時に戻ったように感じられました。
もっとも初めての1人暮らしに新社会人としての生活、北海道に来てからは慣れることに精一杯で寂しいと感じる間はありませんでしたが…。

まずは父の運転で支笏湖へ。
移動中、車の窓から初めてみた見た支笏湖は、海のようにどこまでも続いて見え、その大きさに驚きました。
到着後、すぐに遊覧船に乗ったのですが、遊覧船には湖の中を覗くことができる窓がありました。
始めは魚が泳いでいる様子が見え、さらに進んでいくと底にはたくさんの岩が現れました。
それはごつごつの岩とは違い、ブロックのような長方形や正方形で、初めて見るものでした。
後で調べてみたところ「柱状節理」という名前の岩で、その神秘的な様子に家族三人、夢中になってのぞき込んでいました。

遊覧船を降りた後、小腹が空いたためヒメマスの塩焼きを食べたのですが、身がぎっしりとして、程よく脂もあり、皮まで美味しくいただきました。
その時に、ヒメマスはアイヌ語が由来でチップと呼ばれているということを父が教えてくれました。
しかし、本来であれば私が家族に説明したいところを父に言われてしまい、自分の勉強不足を痛感。

ドライブが終わり、私の家でゆっくりした後に父と母が帰っていきました。
にぎやかだった部屋がしんと静まり返り、部屋に取り残されたような寂しさがこみ上げ、ほろりと涙がこぼれてしまいましたが、「また来るね」という両親の言葉を胸に、早くも次のドライブ先リサーチに取り掛かっています!

油野 純帆のバックナンバー

読み込み中…