ギャラクシー賞でSTVが優秀賞を受賞!

6月2日、第46回ギャラクシー賞(放送批評懇談会主催)の最終選考結果が発表され、STVニュースで放送してきたシリーズ「そこにある温暖化」(全20回)が、報道活動部門の
優秀賞を受賞しました。
北海道・洞爺湖サミットが開催された2008年は、「地球温暖化」をテーマにしたニュースや番組が多く作られましたが、その多くは世界的な視野や科学的な視点からのものでした。

そこでSTVニュースでは、「地球温暖化」をもっと身近に感じてもらうために、北海道の視点から、北海道を切り口にして伝えていくことにしました。

北海道には温暖化と深く関わるサンプルが多くあります。湿原、流氷、エゾシカの生態系、農産物や水産物等々、それらの丁寧な取材を通して、決してサイエンスニュースではない、身近なものとして実感できるニュースをお送りしてきました。

今回の受賞は、こうした北海道のローカル局でしかできないチャレンジと、1年間に及ぶ取材活動が高く評価されたものです。

山谷 博 ディレクターのコメント
「取材対象が自然というのは本当に苦労しました。しかも、北海道での温暖化現象はとても小さな現象で、記者4人がかりで事実を掘り起こし、積み重ねてたきた苦労が実りました。」

尚、STVは昨年、「ニセコ町果実酒をめぐる一連の報道」で、報道活動部門の大賞を受賞しており、これで2年連続の受賞となります。
また、贈呈式は6月2日(火)東京都内のホテルで行われました。
番組名     STVニュース シリーズ「そこにある地球温暖化」
放送期間    2008年1月7日〜2009年2月20日
放送時間    どさんこワイド4部(18時16分〜19時)の中で、「特集枠」として
期間中20回放送
プロデューサー 報道制作局報道部 部長   佐藤 渉(さとう わたる)
ディレクター     〃     副部長  山谷 博(やまや ひろし)