STVについて

技術局システム部 北山 龍治

  • 技術局システム部 北山 龍治
1997年入社(工学部電子機器工学課程卒)
入社後、ラジオ技術を1年、その後、制作技術部で主に音声を12年ほど経験。
現在はシステム部で、主に社内のネットワークや様々なシステムの保守を担当。

現在の仕事内容について詳しく教えてください。

北山1.jpg
事務用ネットワーク、作成した原稿を効率良く利用するシステムや速報を送出するシステム等を主に担当しています。事務用ネットワークはインターネットとも接続されているので、情報漏洩が起こらないよう情報セキュリティ対策も重要な仕事になります。いつも当たり前のようにトラブル無く稼働し続けるネットワークやシステムを提供し続ける事に加え、最近ではSTV版働き方改革についてICTの力でサポートすることが求められるようになっています。

仕事をする上で心がけていること(モットーなどがあれば)を教えてください。

北山2.jpg
サーバールームやネットワークの更新の仕事をきっかけに、10年や15年使い続ける必要がある設備を導入する際は、倍の20年先、30年先の未来を自分なりに精一杯思い描いてみることを心がけています。そのうえで、10年後、15年後も使い続けられる設備を検討する。年月が進むほど、技術革新や社会の変化のスピードが上がっていくため、予測は立てにくくなって行きます。よって、このようなアプローチはより欠かせない物になっていくと思っています。 

学生の皆さんにひと言お願いします。

北山3.jpg
個人的には「仕事」を世の中から必要とされ、自分に割り当てられた役割と解釈しています。世の中から自分が所属している企業や団体に役割が与えられ、さらに所属している人全員に役が割り当たるというイメージです。就職してもすぐに希望通りの職種に就けない場合もあります。しかし、今の自分の仕事は世の中に必要とされている役割という意識を持ち続けることで、仕事は豊かな人生を送るために欠かせない物の一つになると思います。 

※所属部署は2019年2月現在のものです