STVについて

技術局制作技術部 南 亮輔

  • 技術局制作技術部 南 亮輔
2012年入社(工学部機械知能工学科卒)
入社後、制作技術部に配属となり、カメラ・スイッチャーが主な業務。
スタジオや屋外のスポーツ中継、放送機器のシステム構築など幅広い業務を担当。

現在の仕事内容について詳しく教えてください。

南1.jpg
多岐にわたり一言でご紹介するのは難しいですが、カメラマンで言えば、一つとして同じ内容の仕事はなく、刻一刻と変わる状況に合わせて画作りをする仕事です。
状況判断と決断の連続でプレッシャーの多い仕事ですが、その分やりがいのある仕事です。
放送機器の設備や保守に係る業務も重要。安全で信頼性が高く、且つスタッフが扱いやすい設備・システムを構築できるか、番組制作の根幹を担う放送技術の仕事は奥が深く非常に面白いです。

学生時代に勉強したことは現在の仕事に活かされていますか?

南2.jpg
大学時代は自動車のエンジン設計や飛行機の流体設計を学ぶ学部にいました。
メディアや情報通信とは全く畑違いの専攻でしたが、ここで学んだ「モノづくりの楽しさ」が今の仕事でも活きているように思います。放送に関係する分野を専攻していなくとも活躍できる職場だと感じています。

会社について・仕事について、その魅力は何ですか?

南3(トリミング).jpg
自分たちが作ったものがすぐに結果として返ってくるところはこの仕事の魅力でしょう。
特に生放送は制作しているそばから視聴者に届きます。
成功した所も失敗した所もすぐに映像や視聴率に反映されるので、
ある意味残酷ではありますが、非常にわかりやすい世界です。
「今度はここをより良くしよう」という明確な改善点を持てるというのは、次の仕事のモチベーションを保つ上で非常に大切だと思います。

※所属部署は2020年3月現在のものです