STVについて

編成局編成部 茂野 裕介

  • 編成局編成部 茂野 裕介
2013年入社(理工学研究科情報科学専攻修了)
入社後、制作技術部で情報番組やスポーツ中継のカメラを2年経験。
その後、システム部でホームページやデータ放送などコンテンツ関連の保守開発を2年経験。
現在は編成部で編成業務を担当。

現在の仕事内容について詳しく教えてください。

茂野1.JPG
編成部には私が所属する編成班と番組をPRする広報班の2つのグループがあり、編成班はタイムテーブルの決定や視聴率の調査を実施するのが主な仕事です。放送する番組が決まった後は週間・月間番組表を作成し、情報を視聴者のみなさんに届けるため通信社とやり取りをしています。その他、視聴率アップやSTVのブランド力向上のための企画提案、北海道で東京や大阪の番組を放送するために必要な回線の運用、STVのホームページや、データ放送、どさんこアプリ運用など技術的な分野を担当しています。

学生時代に勉強したことは現在の仕事に活かされていますか?

茂野2.JPG
専門知識を活かす場面は多くありませんが、現在の仕事はデスクワークが多いため学生のときに身についたPCスキルはものすごく役立っていると感じます。学業以外に興味を持っていた分野の知識に関しては、自分の得意分野として仕事に活かすことができるので、学生の時には多くのことに興味を持って経験しておくと、働いてからのアイデアの引き出しが多くなると思います。

仕事をする上で心がけていること(モットーなどがあれば)を教えてください。

茂野3.jpg
自分の企画や意見をアウトプットすることを大切にしています。私は頭の中だけではうまく整理できないので、企画を考える時は概要・スケジュール・予算・課題などメモとして書き出しています。そうすることで客観的に企画を捉えることができ、内容を見直していきます。そして雑談や打合せのときに他の人に話してみて、自分とは違う視点からのアイデアや欠点を指摘してもらい、さらに完成度をあげます。最後には企画書やプロトタイプを作成し提案します。実現しなかった企画が大多数ですが、回り回って他の人から新たな企画の声がかかる場合があるので、何かを実現するためには自分の中で留めておかず、形にして伝えることを心がけています。

※所属部署は2019年2月現在のものです