STVについて

報道局報道部 村崎 亜耶芽

  • 報道局報道部 村崎 亜耶芽
2017年入社(経済学部経営学科卒)
入社後、報道部(社会班)に配属。
3年目の現在、記者業務に加えてドキュメント番組の制作にも携わる。

現在の仕事内容について詳しく教えてください。

村崎1.jpg
社会班に所属し、事件や事故、火事などがあったときに、カメラマンや音声さんと現場に向かって取材、その後ニュース原稿を出稿し、編集に立ち会って放送まで見届けるのが仕事です。札幌周辺だけではなく、時には道内各地を飛び回り取材を進めます。若手にいろんな経験をさせてくださる部署なので、何か発生した時はまずは若手から順番に現場に入ることが多く、最初からいろんなことに挑戦したいと思っている人にはもってこいの環境だと思います。

志望した動機や入社を考えたきっかけ、及び入社の決め手となったことを教えてください。

村崎2.jpg
地元のテレビ局で働くことは中学生の頃からの夢でしたが、「きつそう、休みがなさそう」などのイメージが強く、迷う気持ちもあり幅広い業界を視野に入れた就活でした。その中で、テレビ局に入りたいという気持ちを再確認できたこと、そして就活中に出会った先輩社員や同期の人柄の良さと、「STVの番組が好きだから」というシンプルな理由で、入社を決めました。やはり一生を決める選択ですから、しっかりと悩んで決断して本当に良かったと思っています。

会社について・仕事について、その魅力は何ですか?

村崎3.jpg

STVの仕事の最大の魅力は「毎日移り変わる、飽きることのない新鮮さ」だと思います。私が所属する報道部はもちろん、全ての部署で言えることだと思います。北海道では今も、新しい出来事が次々と起きています。その現場を自分の目で見て、肌で感じ、多くの視聴者に発信していくことができるこの仕事ほど毎日新鮮さを感じる仕事はないのではないかと思うほどです。道内、全国、世界を舞台に様々なことを経験したいと思っている方々に、ぜひ入社をおすすめしたいと思います。

※所属部署は2020年3月現在のものです