STVについて

技術局技術計画部 向山 悠樹

  • 技術局技術計画部 向山 悠樹
2017年入社(地球・環境資源理工学専攻修了)
入社後、技術計画部にてテレビ、ラジオの送信業務を担当。

現在の仕事内容について詳しく教えてください。

向山1.JPG
北海道内のテレビ送信所157局・ラジオ送信所18局やSTV本社の電源の保守・管理などを担当しています。365日道内の各家庭で安定してテレビ・ラジオの視聴ができるよう、機器の状態を集中監視し、点検を行い、異常がないかを常に確認しています。機器異常で急遽、札幌から道内各地の送信所に走ることもしばしばありますが…。そのようなことが起きないよう、設備更新をしていくことも大事な仕事です。また、テレビ・ラジオは免許事業のため、総務省とのやりとりも技術計画部の重要な仕事です。

仕事のやりがいは何ですか?印象的なエピソードや苦労したことを教えてください。

向山2.JPG
制作陣や演者、その他多くの人が関わって作られたコンテンツを電波に変えて、視聴者へ最後のバトンパスを担うのが我々の仕事だと感じています。そのため責任も重く、失敗が許されない作業ばかりですが、その分、無事に終えられたときのやりがいも大きいものがあります。このメッセージを書いている現在も、網走で放送機の更新工事中ですが、無事終えて気持ちよく酒を飲みたいですね。また、送信の仕事は他局の送信部の方と協力して仕事をする機会も多く、仲良くなれるのも私としては楽しいです。

学生時代に勉強したことは現在の仕事に活かされていますか?

向山3.JPG
全く活かされておりません!(笑)。大学では環境学・地学を主に研究していたため、電気電子・電波などは門外漢でした。それでも映像制作が好き、テレビ・ラジオが好きでSTVの門戸を叩きました。百戦錬磨の大変優しい諸先輩方のおかげで、大学の専攻が無関係の私でも働けています。第一級陸上無線技術士の資格も取得できました。STVにはそんな素晴らしい環境があります。テレビ・ラジオに興味はあるけど、私で大丈夫だろか?と不安に思わずぜひSTVを受けてみてください。

※所属部署は2019年6月現在のものです