ニュース

NEWS

【新球場問題】「プロセスが踏まれていない」日本野球機構の斉藤コミッショナーが言及

日本野球機構のコミッショナーはきょう、ファイターズ新球場のファウルゾーンが規定の距離を満たしていない問題について、

建設までのプロセスに問題があったという認識を示しました。

北海道・北広島市に建設が進むファイターズの新球場・エスコンフィールドHOKKAIDOで、

ファウルゾーンの広さが基準を満たしていないという“規則違反”が指摘された件について。

きょう日本野球機構がオーナー会議後に行ったオンラインの記者会見で、

コミッショナーは日本野球機構を通さなかった進め方に問題があるという認識を示しました。

(日本野球機構 斉藤惇コミッショナー)「距離が足りなかったという結論そのものを私たちのほうで問題視したのではない。

プロセスがちゃんと踏まれていないということを問題にさせていただいた」

球場は来シーズン後のオフ以降、改修工事を実施するとしています。
11/24(木)「どさんこワイド179」  11/24(木)19:02更新

北海道