ニュース

NEWS

【仲裁の男性に馬乗り】札幌・すすきのの飲食店 酒に酔ってほかの客に絡みトラブル

札幌・中央警察署は24日、自称・札幌市東区の会社員の男(28)を傷害の疑いで逮捕しました。

男は24日午後4時ごろ、札幌市中央区南5条西3丁目の飲食店で、

札幌市中央区の男性(31)に馬乗りになって顔を数回殴り、けがをさせた疑いが持たれています。

男性は顔面を打撲するけがをしました。

警察によりますと、男と男性は客同士で、男は店内で別の客に絡んだことで店員とトラブルになった際、

男性が仲裁に入ったことに腹を立てて犯行に及んだということです。

調べに対して男は「馬乗りになってもいないし、殴ってもいない」と容疑を否認しています。
1/25(水)「STVニュース」  1/25(水)12:19更新

北海道