ニュース

NEWS

「寒さに負けた…」今季初のストーブ 札幌の最低気温も一桁 冬物商戦始まる

「けさは寒さに負けた」そう言って、北海道・斜里町に住むこちらの家では、午前6時にストーブをつけました。

幻想的な、けあらしが広がったのは朱鞠内湖。

車などには霜がおりた様子もー

けさ、幌加内町朱鞠内では氷点下一歩手前の0.3℃を観測、今季一番の冷え込みになりました。

(男性)「霜のふるような時期になって、草木の色も変わってきている。そろそろ(雪が)降ってくるなと」

また札幌では、厚手の上着を羽織る人や手袋をする姿もー

けさは8.6℃まで気温が下がり、初めて一桁となりました。

(東京から来た男性)「寒いですね、かなり冷えます。ヒートテックを着るようにしました」

(出勤する女性)「上着を持たないとちょっと厳しいかなと」

寒さが身近になってきて、早くも動きだしているのがー

(長南記者)「ホームセンターでは秋を飛び越えて冬物商戦が始まっています」

ずらっと店頭に並ぶストーブ。

来月から値上げされるため、すでに去年の今頃に比べて1.5倍の売り上げだといいます。

ほかに窓からの冷気をカットする断熱シートも売れ行き好調!

暖房費をうかせるために早速、買い付ける客もー

(客)「古い家なので少しでもあたたかくと思って」

エアコンの室外機を落雪から守るカバーは、去年の3倍もの売れ行き。

屋根からの落雪で壊れる傾向があるので、いまから対策する人が増えているといいます。

(ジョイフルエーケー屯田店 小林孝平次長)「狙いとしては、雪のトラブルを解決しないといけないので。

エアコンの需要が高まっているので提案させてもらっている。気温が高いうちから作業してほしい」

一方、寒暖差がある日に役立つ一着も売れています。

(長南記者)「こちらのダウンベストが冷え込む朝晩にぴったりです」

ジャケットの下にさらっと着るダウンベスト。

折りたたむと小さくなるので持ち運びに便利です。

また、薄手でも肌触りが良いメリノウールを使用したカーディガン。

一枚加えることで、寒さしのぎになると幅広い世代から支持を得ています。

(無印良品 札幌パルコ 佐藤優衣さん)「9月頭くらいから出していたんですけれど、動き始めているのは気温が下がった今週あたりから。

外に出たらやっぱり寒いから、どういうのがいいんだろうっていうお問い合わせはけっこういただいております」

徐々に冬の足音が聞こえてくる道内。

冷え込みが続くにつれ、冬商戦が本格化しそうです。
9/22(木)「どさんこワイド179」  9/22(木)18:32更新

北海道