ニュース

NEWS

【キャッシュカードすり替え】急増する詐欺被害 あの手この手で注意を呼びかけ

急増する詐欺被害に、あの手この手で注意を呼びかけています。

札幌市できょう行われたイベントでは、特殊詐欺の手口を実際に再現する“寸劇”で警察官が奮闘。

熱演で被害防止を訴えました。

(オレオレ詐欺の再現)「あ、母さん?ちょっと困ったことがあるんだけど」「え?誰?太郎かい?」

演じる警察官も、つい熱が入ります。

ことし道内で高齢者が被害者となる特殊詐欺被害が急増しているため、

札幌・東警察署は特殊詐欺被害を減らそうと、寸劇で分かりやすくその手口を伝えました。

(特殊詐欺の再現)「未払い料金7万円を本日中にお支払いくださいってマジかよ~」

次から次へと新たな手口が出てくる特殊詐欺。

実際にあった手口を警察官が再現し、高齢者に見てもらうことで、被害防止を呼びかけました。

8月末までの特殊詐欺の被害額を比べてみると、ことしはすでにおよそ7.8億円と過去最悪に迫るペースです。

特にいま増えているのがキャッシュカード詐欺盗です。

警察官や銀行職員になりすました人物がキャッシュカードを受け取りに来て…

(キャッシュカード詐欺盗の再現)「印鑑お持ちですか?」「今とってきます」

被害者を家の中に誘導。

目を離したすきにキャッシュカードが入っていた封筒をすり替えるのです。

(寸劇を見た高齢者)「ああいう風に電話が来ると知っていたけど、巧妙に次から次に言われたら、子どもなら払ってあげなきゃと思う」

(札幌・東警察署 斉藤慎一地域課長)「見ている方の様子を見ると、すごく伝わったんじゃないかなと思っている。♯9110があるので気兼ねなく電話してきてほしい」

後を絶たない卑劣な詐欺事件。

いろいろな手口を知っておくことが、被害にあわないためには重要です。
9/22(木)「どさんこワイド179」  9/22(木)18:39更新

北海道