ニュース

NEWS

【酒を飲ませて体を触り…】強制性交などの罪で起訴された男子大学生(当時19)初公判 懲役7年求刑

江別市で2022年4月、20代の女性に性行為を強要したなどとして逮捕され、検察官送致=逆送となった男子大学生(当時19)の初公判が22日、札幌地裁で開かれました。

準強制わいせつの罪と強制性交の罪に問われているのは19歳の男子大学生です。起訴状などによりますと、男子大学生はことし4月、携帯のGPSを使ったアプリで知り合った20代の女性に、酒を飲ませて身体を触り、さらにその様子を撮影した動画を使って性行為を強要したとされています。

22日の初公判で、男子大学生は「被害者には申し訳ないという気持ち。謝りたい」などと話し、起訴内容を認めました。検察は「いずれも釈明の余地はない」として懲役7年を求刑しました。改正少年法がことし4月に施行され、逆送された特定少年が起訴されたのは道内で初めてで、実名報道が可能になりますが、札幌地検は「被害者の特定を防ぐため」として男子大学生を匿名としています。判決は10月13日(木)に言い渡されます。
9/22(木)「STVニュース」  9/23(金)8:46更新

北海道