ニュース

NEWS

【踏み間違え】加速を抑える先端技術 サポートカーの普及で高齢者の事故防止

道警・釧路方面本部は、安全サポートカーの普及と啓発を目的に、自動車業界と道内で初めて協定を結びました。

先月には、サポートカー限定の免許証も新しく設けられ、高齢者の事故を減らす仕組みが進んでいます。

協定を結んだのは、道警・釧路方面本部と釧路自動車販売店協会などで、連携してサポートカーの試乗会を開き、

事故防止策を啓発して高齢者の事故を減らすのが狙いです。

サポートカーは、アクセルとブレーキを踏み間違えた際に加速を抑える装置や、

歩行者などを検知し自動ブレーキ装置などが搭載された車です。

先月には道交法の改正で、普通免許から新しく設けられたサポートカー限定免許証への変更が可能になりました。

免許証の返納に躊躇する地方の高齢者などへの普及が期待されています。
6/23(木)「どさんこワイド179」  6/23(木)17:50更新

北海道