ニュース

NEWS

【道の駅×ホテル】普通なら必ずある『あれ』がないホテル ナゼ?狙いは? 北海道・南富良野町

世界的に有名なホテルチェーンが、恵庭市、長沼町に続き、南富良野町にも新たなホテルを開業しました。

キーワードは「道の駅とのコラボレーション」。

地元の魅力を存分に楽しんでもらうという、その「仕掛け」とは?

(金澤記者)「シンプルながらも高級感あふれる部屋の中からは、夏になるとラベンダー畑が一望できるということです」

きょう南富良野町にオープンしたホテル。

客室は全部で78あり、庭園が一望できる部屋には有名ホテルチェーンならではの高品質な設備が整っています。

アメリカの大手が手掛けるこのホテル。

先月開業した恵庭市、長沼町に続き、道内では3つ目となりました。

その特徴は、宿泊だけに特化したことです。

そのため、ホテルの中に食事を提供するレストランなどはありません。

これこそが一番の狙いなのです。

(フェアフィールド・バイ・マリオット・北海道南富良野 支配人 富山裕史さん)「道の駅の近くにホテルを建てていて、

宿泊して地元の特産品や特色を体感して頂くメリットがある。ここを拠点にして、基地としてお楽しみ頂ければと考えている」

ホテルのすぐ隣には、この春リニューアルしたばかりの『道の駅』が!

地元の食材を使ったグルメの店が軒を連ねます。

こちらは、南富良野の名物エゾシカ肉を使ったハンバーガーです。

(金澤記者)「エゾシカ肉はとてもヘルシーですが、肉の旨味がよくでています。新鮮な野菜とマッチしていてとてもおいしいです」

道の駅には道内最大級の「アウトドアショップ」も登場。

「クライミング体験」が出来るスペースもあります。

2016年、南富良野町を襲った記録的な大雨。

市街地や農地は濁流にのまれました。

道の駅はマチの復興のシンボルとして期待されていました。

(帯広から来た人)「すごい都会的になったなと思って。なかなかモンベルは札幌とか行かないと大きな店はないので、きょうは入ってみたいと思って」

(Cafeよりみち 中村佐和子さん)「ホテルにも泊まっていただいて、道の駅も利用していただいて、南富良野を知っていただけたらなと思います」

道の駅とホテルがタッグを組んで地元の魅力を伝える、新しい観光スタイルが始まっています。
6/23(木)「どさんこワイド179」  6/24(金)7:41更新

北海道