ニュース

NEWS

路線バスの左正面大破…トラックに追突「ちゃんと前を見ていなかった」3人けが 北海道比布町

北海道・上川の比布町で、路線バスが停車中のトラックに追突する事故がありました。

バスの運転手は「ちゃんと前を見ていなかった」という趣旨の話をしているということです。

フロントガラスが砕け、車内があらわになっています。

押しつぶされた車体からは衝撃の大きさが伺えます。

事故があったのは比布町南町3丁目の道道です。

2024年6月11日午後1時ごろ、路線バスが停車中の無人のトラックに追突しました。

バスには乗客3人が乗っていて、この事故で3人は軽いけがをしました。

警察によりますと、60代のバスの運転手は「ちゃんと前を見ていなかった」という趣旨の話をしていて、警察が事故の経緯などを調べています。

06/11(火) 16:10

北海道