ニュース

NEWS

速度取り締まりのデータ偽造 警察を懲戒免職の元警部補に有罪判決

交通違反の取り締まりで速度のデータを偽造した罪に問われている北海道警察の元警部補の男に、執行猶予の付いた有罪判決が言い渡されました。

判決を受けたのは北海道警察の元警部補・吉本潤被告(58)です。

判決によりますと、吉本被告は2019年8月から2020年5月にかけて、交通違反の取り締まりで速度のデータを偽造し、虚偽の違反切符を交付するなどしました。

13日の裁判で札幌地裁は「一連の犯行は捜査機関への信頼を大きく損なうものである」と指摘する一方で、「被告は懲戒免職となるなど社会的制裁をうけている」などとして、懲役2年6か月・執行猶予5年の判決を言い渡しました。
1/13(水)「どさんこワイド179」  1/13(水)18:34更新

北海道