ニュース

NEWS

部活動は「原則中止」札幌のコロナ特別対策スタート あの「BBQ」河川敷は大丈夫?

喫緊の課題は大型連休中の感染拡大防止、部活動の原則休止なども盛り込まれました。

札幌では週末からゴールデンウイークの新型コロナ特別対策が始まりました。

高校ラグビーの強豪校、札幌山の手高校です。

徹底されていたのは新型コロナの感染防止策。

部員で共有していた給水ボトルを一人ずつ専用の物に替えたり、ボールを毎日消毒するなど、対策を講じながら練習を続けてきました。

しかし…

(鈴木知事)「4月24日から5月11日までの間、札幌市内における特別対策に取り組む」「学校が必要と判断する場合を除いて、部活動については原則中止いただきたい」

練習は3時間に制限され、ゴールデンウイークの遠征は中止となりました。

(佐藤幹夫監督)「しょうがないなと思う。生徒たちは遠征で、自分たちの力を試したかったのかなと。ちょっとかわいそうだったなと」

来月に迫る春季大会に向けハードな練習に臨む部員たち。

やり切れない思いを懸命に受け止めています。

(主将・吉田慎吾さん)「練習もっとたくさんしたいなとかそういう声はあがっている」「少し残念だなあとは思ったんですけど、それでも自分たちで各自できることはあると思うので、プラスに捉えられればと思っている」

24日。サクラの名所、札幌の円山公園です。

(村崎記者)「公園内は散歩をするひとで賑わっているが、しきりの中の立ち入り禁止エリアには人の姿はない」

去年に続き、宴会は自粛。

そんななか、見頃を迎えるサクラを目当てに多くの家族連れなどが訪れていました。

札幌市内の人出は25日、去年の同じ時期に比べて札幌駅で64.6パーセント、大通駅で69.8パーセント増加。

人の流れは感染状況と逆行する結果となっています。

来月30日までバーベキューが禁止されている豊平川の河川敷。

(開発局職員)「豊平川河川敷でのバーベキュー、飲食等を伴う宴会は控えていただくこととしておりますので中止をお願いします」

週末、道と市の職員などが自粛を呼びかけましたがー。

(田村カメラマン)「河川敷の橋の下で何か焼いてますね」「今からバーベキューでしょうか。荷物をもった男性3人がいる」「その3人組の横でバーベキューをやっている人たちも見える」

自粛を呼びかける看板のすぐそばで飲食をする人も。

(BBQをしていた人は)「(コロナでバーベキューだめなのは知ってた?)知らない。あ!今日から!?」「2人だけ。だからそんなに危ないイメージはなかったけど」「(このあとどうしますか?)帰ります」

26日朝、札幌の中心部では仕事に向かう人の姿が多く見られました。

北海道などは、テレワークや時差出勤の推進を事業者に求めていて「6割」の実施が目標です。

(札幌市民)「いたしかたないとは思うのですが、早く収まればいいなとは思います」「感染を広げないためには1つのいい方法ではないかと思います」

ゴールデンウイーク期間にいかに感染拡大を防げるか、ひとり一人の我慢と対策の継続が強く求められています。
4/26(月)「どさんこワイド179」  4/26(月)17:49更新

北海道のニュース