ニュース

NEWS

「これで5回目」リフォーム中の住宅内部全焼 5年前から続く放火・不審火

北海道・函館市でリフォーム中の住宅が燃える火事がありました。

付近では去年までの5年間で4回放火や不審火とみられる火事が起きていて、警察で関連を調べています。

炎と黒煙をあげ、激しく燃える住宅。

9日午前4時前、函館市湯浜町にあるリフォーム中だった平屋建ての一軒家で火事が起きました。

(撮影した人)「尋常じゃないくらい、火が外に出ていた」

(近隣の人)「黒っぽい煙が出た後、炎が出ていっぺんに燃えた」

火はおよそ1時間半後に消し止められましたが、建物の内部は全焼。けが人はいませんでした。

(東海林記者リポート)「この周辺で火事があったのは、今回が初めてではありません。現場のすぐ向かいの場所でも、過去に4回も不審火がありました」

最初の不審火は6年前の2015年。当時あった長屋が燃えました。

その3年後には、跡地に新たに建築中だった2階建ての住宅で不審火が。さらに。

2019年4月、2020年6月と立て続けに不審火が発生。そのすべてが同じ場所で起きています。

この4つの不審火について警察が放火を視野に捜査を進めていた中なか、またしても火事が起きたのです。

最初の不審火以外の4件は、建築中の住宅が燃えています。

(撮影した人)「何か起きなければいいねって言っていた矢先に燃えたからまたかと。平穏な日々が戻ることを願っています」

共通点があまりに多い5つの火災。

警察は過去4回の不審火と9日の火事の関連について調べを進めています。
6/10(木)「STVニュース」  6/10(木)11:09更新

北海道のニュース