ニュース

NEWS

「すでに第5波」札幌市長の危機感 あすから4連休「まん延」政府適用待たずに独自対策

札幌市は20日、北海道が国に「まん延防止等重点措置」を要請したことや独自の対策強化を決めたことをうけ対応を協議しました。

22日からの4連休以降、市の施設については一部閉館することを決めました。

10万人あたりの新規感染者数が「緊急事態宣言」発出の目安となる25人を超えた札幌市。

21日開かれた対策本部会議で、秋元市長は危機感を示しました。

(秋元札幌市長)「すでにもう第5波に入っていると思わざるを得ない状況にあります」

北海道は20日国に対して「まん延防止等重点措置」を要請しましたが、今週中の適用が見通せないとして札幌を中心に独自対策の強化を決めました。

これをうけ札幌市は。

(秋元札幌市長)「公共施設につきましては原則休館ということになったわけでありますけれども、あすから夏休みということもございますので円山動物園でありますとか、青少年科学館、図書館など子どもたちの成長、あるいは教育に必要な施設につきましては人数制限など感染対策を徹底した上で一部、開館をすることとしたいと思います」

8月22日まで延長が決まった飲食店などへの時短要請について、要請に応じた店に協力支援金を追加で支給することを決めました。
7/21(水)「どさんこワイド179」  7/21(水)16:34更新

北海道のニュース