ニュース

NEWS

「学校怖くて」知人へいじめの相談 女子中学生いじめ死問題 SNSメッセージで明らかに

北海道・旭川市の公園で、中学校の女子生徒が遺体で見つかりいじめの有無が調査されている問題で、女子生徒が知人に「いじめられて自殺未遂をした」と、相談をしていたことが分かりました。

(爽彩さんのメッセージ)「前の学校でいじめられていて」「自殺未遂して」「学校怖くて…」

画面に残された悲痛な言葉。

遺族の関係者によりますとこれは3月、旭川市内の公園で遺体で発見された廣瀬爽彩さんが、生前知人にいじめの相談をしたメッセージの履歴だということです。

遺族によりますと爽彩さんは2019年6月、市内の川に飛び込み、その後別の学校に転校。

いじめの相談は爽彩さんが転校してから遺体で見つかるまでの期間、複数回行われています。

メッセージの履歴には「2019年6月に自殺未遂をした」「原因はいじめ」など、いじめを苦に川に飛び込んだと思わせる言葉が並んでいます。

旭川市教育委員会の第三者委員会は、いじめの有無について調査を進めていますが、結果の公表についてはめどが立っていないということです。
9/14(火)「どさんこワイド179」  9/14(火)16:21更新

北海道のニュース