ニュース

NEWS

「飛行できなくなる傷になっていない」グライダー墜落事故 運輸安全委が現地調査

(金澤記者)「運輸安全委員会の調査官が墜落したグライダーの機体を調べています」

13日午前11時40分ごろ、運輸安全委員会の調査官2人がモーターグライダーの墜落現場に入りました。

北海道・美瑛町では12日午前、モーターグライダーが墜落する事故があり、乗っていた東京都の渡辺正樹さんなど2人が死亡しました。

(航空事故調査官 藤原琢也さん)「プロペラについては見た感じ壊れていないです。表面に傷はあるが、飛行できなくなるような傷にはなっていない」

運輸安全委員会は機体を現場から運び出し、引き続き調査を行い事故原因を解明する方針です。
10/13(水)「どさんこワイド179」  10/13(水)18:02更新

北海道のニュース