ニュース

NEWS

12回分・18万3000円滞納 駐車違反繰り返す「黒のRV車」持ち主の元に捜査員が向かう

札幌市北区の住宅街に警察の捜査員が現れました。

(急式記者)「まもなく11時になるところです。警察が駐車違反金の滞納者の車を差し押さえに向かいます」

向かった先に停まっていたのは、黒のRV車。

(急式記者)「捜査員がいま、タイヤに車止めをかけています」

フロントガラスには黄色の幕をかけ、車を差し押さえました。

車を所有していたのは福祉関係の法人で、去年4月以降17回の駐車違反を繰り返し、そのうち12回分の違反金18万3000円を納めていませんでした。

警察はこれまでこの法人に対し、差し押さえの予告などを38回行いましたが、支払われなかったため差し押さえに踏み切ったということです。

(道警交通指導課 岡部修司次席)「警察としては、駐車違反の取り締まりの強化をはじめ、放置違反金の滞納者に対しては差し押さえ処分を継続的に取り組む」

北海道では去年1年間で約3万1000件の駐車違反の取り締まりを行っていて、これまでの違反金などの滞納は5300万円に上るということです。

警察では今年度、すでに10台の車を差し押さえていて、今後も強い姿勢で臨むとしています。
10/22(金)「STVニュース」  12/14(火)18:09更新

北海道