ニュース

NEWS

いじめの詳細を来週にも公表 北海道・旭川女子中学生死亡 市教委トップが市議会で陳謝

北海道・旭川市の公園で、女子中学生が遺体で見つかった問題で、第三者委員会がいじめを認定したことを受け、旭川市教育委員会は、来週にもいじめの詳細を公表したいとの考えを明らかにしました。

旭川市の中学校に通っていた廣瀬爽彩さんは2021年3月、市内の公園で凍死した状態で発見されました。

旭川市では第三者委員会による調査を進めていましたが、3月27日「いじめとして取り上げる事実が6項目あった」として、遺族に報告しました。

報告を受け旭川市議会の常任委員会では、市教委トップの黒蕨真一教育長が陳謝しました。

(旭川市教育委員会 黒蕨真一教育長)「こうした事態を招いたことにこの場をお借りし心から深くお詫び申し上げます」

その後の質疑で市教委は、いじめの内容について来週にも詳細を公表したいとの考えを明らかにしました。
4/8(金)「どさんこワイド179」  5/24(火)10:23更新

北海道