ニュース

NEWS

【速報】新たに2人発見・容態は不明 これまでに9人発見 北海道・知床沖で消息不明の観光船 17人の捜索続く

海上保安庁は24日12時、北海道・知床沖の観光船の事故で新たに2人を発見・救助したと発表しました。

容態や年齢・性別いずれも不明です。これまでに9人が救助され、うち7人が意識不明です。

この事故は23日午後1時すぎ、北海道・知床半島の沖合を航行する観光船・「KAZU 1(カズワン)」 から運航会社を通じて海保に救助要請がありました。

KAZU1は午後2時ころに「船体が30度ほど傾いている」という連絡を最後に消息を絶ちました。

海保などは23日夕方から航空機や巡視船などで現場海域を捜索し、24日になって計9人が発見・救助されました。

KAZU1には船長の豊田徳幸さん(54)と甲板員の曽山聖さん(27)と、子ども2人を含む乗客24人の計26人が乗っていて、残る17人の捜索が続いています。
4/24(日)「STVニュース」  9/30(金)14:34更新

北海道