ニュース

NEWS

【捜索】不明者捜索阻む現場海域の波 25日は範囲を拡大する方針 北海道・知床沖観光船不明

北海道・知床沖で観光船・KAZU1が消息を絶ち、乗客・乗員計26人のうち10人が死亡、16人が行方不明になっている事故で、捜索を行う海上保安庁は24日、捜索エリアについて最初の1人が見つかった知床岬の先端付近を集中的に行ったことを明らかにしました。

また「船は海底に沈んでいる可能性が高いと考えていて、沈んでいることよりも生還に希望をかけて海上や岩場を探した、という面はある」としました。

しかし現場海域は波が高く「たとえ1mでも波があれば人の体は波に隠れて見つけにくい。そのため今日の捜索には困難もあったということはある」と述べました。

あす(25日)の捜索は「カシュニ滝から見つかっている知床岬が重点的になるが、そこから漂流の可能性もあるので広げていく」としています。

(画像:海保の捜索 提供・海保 ※画像の一部修正)

・これまでの発見・救助(24日午後10時現在)

    発見時間   場所    
1人目 5:01発見 知床岬海上 死亡
2人目 5:01発見 知床岬海上 死亡
3人目 5:01発見 知床岬海上 死亡
4人目 5:45発見 知床岬岩場 死亡
5人目 5;45発見 知床岬岩場 死亡
6人目 7:30発見 知床岬波打ち際 死亡
7人目 7:30発見 知床岬波打ち際 死亡
8人目 5:45発見 知床岬海上 死亡
9人目 9:20発見 知床岬海上 死亡
10人目 9:50発見 知床岬海上 死亡
4/24(日)「STVニュース」  6/3(金)13:44更新

北海道