ニュース

NEWS

【鳥インフル】網走市の養鶏場で北海道4例目の感染疑い 鈴木知事が警戒呼びかけ

北海道は網走市の農場で飼育されているニワトリが、高病原性鳥インフルエンザに感染している疑いがあると発表しました。

(鈴木知事)「本日、網走市の養鶏場におきまして、今シーズン道内4例目となる高病原性鳥インフルエンザを疑う事例が確認された」

北海道は網走市の養鶏場でニワトリ4羽の死がいを簡易検査し、高病原性鳥インフルエンザに感染している疑いがあることが判明したと発表しました。

現在詳しい検査を実施していて、陽性と判断された場合にはニワトリ約760羽が殺処分となる見通しです。

鈴木知事は対策本部会議で、より一層の警戒を呼びかけました。
5/13(金)「どさんこワイド179」  5/15(日)9:51更新

北海道