ニュース

NEWS

旭川女子中学生死亡 6月までに報告なければ市長主導調査を検討  いじめ有無の第三者委調査めぐり

旭川市で去年、女子中学生が遺体で見つかり第三者委員会でいじめの有無が調査されている問題で、今津市長は6月末までに調査報告がない場合、市長が主導した調査を検討する考えを明らかにしました。

旭川市内の中学校に通っていた廣瀬爽彩さん(当時14)は2021年3月、旭川市内の公園で遺体で発見され、旭川市教育委員会が第三者委員会でいじめの有無の調査を進めています。

旭川市の今津寛介市長は20日の市議会で、6月末までに調査報告がない場合、市長が主導した調査も検討する考えを示しました。

廣瀬さんの遺族は遅くとも、今年度中にいじめの有無だけでも報告するよう市教委などに求めていました。
1/22(土)「STVニュース」  7/6(水)15:39更新

北海道