企業情報

STVラジオ 2021年採用

  • ヘッダー

募集要項

STVラジオは1962年12月15日、札幌テレビ放送株式会社のラジオ部門として産声を上げ、
2005年10月1日に「株式会社STVラジオ」として分社・独立しました。
地域に密着したラジオ局として道内17箇所に中継局を置き 、現在北海道の99.5%のエリアをカバーしています。

これまでラジオの媒体特性を活かした番組の開発、コンサート・イベント等の事業も積極的に展開し、毎日の放送はもとより、
災害時には暮らしを支える情報インフラとして北海道で暮らす方々と共に歩んでまいりました 。

2018年には LGBT に焦点をあてた番組を開始し、翌年には道内放送局としては初めて
「札幌市 LGBT フレンドリー企業」として登録されるなど、互いの多様性を認め合い、
生きがいと誇りをもって仕事や発信ができる企業であり続けたいと、努力を続けています。

2019年には、道内のラジオ局としては初めて「 SmartNews 」のチャンネルプラスを開設するなど、
ラジオ放送だけでなくデジタル領域にも積極的にチャレンジしています。

このように放送メディアとデジタル メディアを組み合わせ 、 ボーダーレスに情報が発信されるなか、
STVラジオは 、常に新しいことに挑み続ける 北海道の音声メディアのリーディングカンパニーとして、
北海道に住む人たちに愛され、親しまれる存在であり続け ます 。
 
「北海道のために挑戦したい人 」「 新しい 音楽発信に挑戦したい人 」「 新しい ラジオ番組やイベントを始めたい人 」 、
STV ラジオは 熱いチャレンジャーの応募をお待ちしています!!

 

1.募集職種

総合職
ラジオ番組の企画・制作、編成・広報、営業外勤・内勤、イベントの企画・実施、管理部門等。

2.採用人数

若干名

3.雇用形態

正社員(試用期間6ヵ月)

4.入社日

新卒 2021年4月1日

5.応募資格

1991年4月2日以降に生まれ。
2021年3月までに4年生大学または大学院修士課程を卒業・修了、または卒業・修了見込みの方。
2021年4月1日時点で30歳以下であれば、新卒・既卒は問いません。

6.応募方法

●2021年3月卒業予定の方は
マイナビ2021よりエントリーしてください。
エントリー後、メール添付されて送付されるエントリーシートの記入して
下記要領で郵送してください。

●マイナビ2021よりエントリーできない方は
「氏名」「出身大学」「PCメールアドレス」「電話番号」を
 以下のメールアドレスまでメールを送ってエントリーしてください。
 r-saiyou@stv.co.jp
エントリー後、
このホームページからエントリーシートをダウンロードし、
下記要領で郵送してください。

★エントリーシート送付要領
(1)必要事項を手書きで記入する。
(2)写真2枚 をエントリーシートに貼る。
(3)既卒で社会人経験のある方はA4 サイズの職務経歴書を添えて下さい。
(4)郵送先 〒060-8705 株式会社STVラジオ 採用係

7.応募締め切り

2020年4月17日(金)必着

8.選考方法

お送り頂いたエントリーシートによる書類選考を行い、
通過者には、本社で面接・筆記試験等を実施します。

※交通費・宿泊費は各自のご負担となります。

9.採用選考において取得した個人情報の取り扱い

(1)応募の秘密は厳守します
(2)応募書類は返却致しません
(3)取得した個人情報は、採用業務に関してのみ利用します
(4)採用者に関わる個人情報は、入社後の人事情報として利用するため保管します
(5)不採用者に関わる個人情報は、採用業務終了後、速やかに破棄します

10.会社概要

このホームページの会社概要をご覧下さい

11.待遇

賃金
当社規定による大卒初任給月額 218,000円(住宅手当含む)
(諸手当:家族手当、通勤手当、暖房手当、時間外勤務手当、育児支援金等)
昇給
年1回予定
賞与
年2回予定
勤務地
札幌(本社)
※出向等により他地域(東京・大阪・名古屋・旭川・苫小牧・函館・釧路・帯広・北見 )での勤務もあります。
勤務時間
9:30〜17:30(休憩1時間)
ただし、業務により変則勤務あり
休日
完全週休2日制、国民の祝日・休日、年末年始休日
休暇
年次有給休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、介護のための休暇など
社会保険
健康保険、介護保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
福利厚生
ワーク ・ライフ・バランス支援制度 永年勤続表彰制度
退職金
退職金規定あり

12.お問い合わせ

STVラジオ 経営企画部
TEL : 011-272-8346(平日・午前10時から午後5時まで)
メール : r-saiyou@stv.co.jp

先輩からのメッセージ

吉田

営業部 吉田朋加  2006年入社

私は営業部に所属し、クライアント・広告会社に番組を中心とした商品を企画・提案しています。

「営業」と聞くと、数字に追われ、クリエイティブな仕事ではない、と思われがちですが、違います。
クライアントの予算・希望に応えるには、どの番組で、どんな展開をしたら良いのか。
ふさわしいパーソナリティは誰か、それを常に考え、時には新しい番組やイベントを立ち上げることもあります。
クライアントの希望に応えられるような結果が出せた時、この仕事をしていて良かった、と実感します。

木村洋二アナとミーティング
木村洋二アナとミーティング
「ラジオ」の仕事の目的は、部署に限らず、「人に喜んでもらう」ことです。
聞いてくれる人が笑ってくれる番組を作る、お客さんが楽しんでくれるイベントを実施する、クライアントが喜んでくれる営業企画を立案する。

「自分の仕事の先に、人の笑顔がある」というのは、本当に幸せなことだと思います。
好きなことは何でもできます。STVラジオであなたの夢を実現させてください。



 =====================

清水

メディア推進部 清水洋樹  2010年入社

 ラジオ局ならではの、ラジオ放送と「連動した」、あるいは「連動させた」イベント・コンサート・展示会、
スポンサーとのタイアップキャンペーンを企画立案し、実施・運営をする業務を行っています。

それらの催事の周知方法をはじめ、集客やチケットの販売計画を制作・営業とともに戦略的に考え、
来場者やスポンサーにとっていかにクオリティが高く、また、より収益化することを目標に取り組んでいます。


リスナーの裾野拡大のため外部イベントとも連携
リスナーの裾野拡大のため外部イベントとも連携
 自分が考えたものに対し、実際に足を運んでいただいたり、購入していただいたりし、
番組宛てに御礼のメッセージや反響をいただくことは、何よりもやりがいを感じる瞬間です。

デジタルツールの台頭、AI時代の突入など、世の中の価値観も多様化していますが、時代がどんなに変化しようと、ラジオが果たすべき役割や影響は普遍的なものだと思います。

これからの新時代へ向けて、ラジオリスナー、北海道民、その枠を超えて多くの方に喜んでいただけるような新しいコンテンツを一緒に創っていきましょう。



  =====================
寺田

営業部 寺田健剛  2018年入社

ラジオの営業は、決まった商品の販売もそうですが 自分のやりたい事(番組、イベント)に スポンサー様のご賛同(番組提供・ご協賛)をいただければ、 どんなジャンル・内容でも実現することが可能です。

音楽でもスポーツでも、自分が好きな事、やりたいことを、仕事で実現できる、 それがラジオの仕事です。 いいアイディアと実行力があれば、年齢は関係なく、仕事の可能性は無限です。

クライアント訪問
クライアント訪問
そして自分の思いから始まったアイディアが、 リスナー、スタッフ、クライアント、関わる全ての人の笑顔で実現できた時には、 大きなやりがいを感じることができるはずです。

これから就職活動に励むみなさん、 自分の趣味や、これまでに得た経験(部活動、アルバイト等)を生かして 一緒に楽しく働きましょう。



  =====================
水野

制作部 水野貴志  2018年入社

私は制作のディレクターとして朝の生放送番組に携わっています。

ニュースや朝刊のチェック、放送する曲の確認、道内の天気や公共交通機関に乱れはないか、など業務は多岐に渡ります。放送後は反省会、取材や、録音番組の台本作成、収録など毎日があっという間で、ヒーヒー言ってます・・・とカッコつけましたが、一人で全てを担当しているわけではありません。多くの先輩や仲間の力を借りてやっと成立する仕事だと思っています。
リスナーに響く曲・番組を
リスナーに響く曲・番組を
大切にしているのは、ラジオを聴いている人の気持ちをイメージすること。あとは喋り手(パーソナリティ)とリスナーさんを繋ぐ一端になりたいですね。果たしてそれができているか、と自問すると答えに窮するのですが。

就活生のみなさん、皮算用で構いません、「何故この会社に入りたいのか」を考えるのではなく、「この会社で何をしたいのか」イメージする癖をつけてください。自分が思い描く未来が少しずつ見えてきますよ。



  =====================
山崎慈行

営業部 山崎慈行  2019年入社

就活中の皆さん、こんにちは!2019年入社の山崎です。私は今、STVラジオで営業の仕事をしています。

ラジオ局の営業って何をしているのか想像がつきますか?
実は営業の仕事は、かなりクリエイティブなんです!ラジオ局の営業は、広告代理店やスポンサーさんを訪ね、ラジオ広告をセールスすることが主な仕事ですが、CM原稿を書いたり、中継現場に立ち会ったりすることも仕事の一つだったりします。
寺田先輩と打ち合わせ
クライアントと電話打ち合わせ
ラジオは、スポンサーさんが望む多くのことをカタチにし、他メディアにはできないことを実現することができます。それを想像しカタチにすることができるのが、ラジオ局の営業です。人一倍の想像力と発想力を必要としますが、そこが醍醐味だと思います。

実際に、自分が一から携わったラジオ広告を聴いたときはやりがいを感じました。STVラジオには、営業の仕事以外にも、番組制作やイベント事業などなど、さまざまな仕事があります。皆さんも一緒にSTVラジオで働いてみませんか?