ちょっと暮らし北海道

大山慎介のちょっと暮らし北海道は・・・

北海道の新しい滞在スタイルを提案する番組です。
毎週、札幌から北海道の魅力をたっぷりお届けしています。

【放送局・時間】
STVラジオ・日曜 7:30〜8:00
MBSラジオ・日曜 4:30〜
CBCラジオ・日曜 5:15〜

フラワーラジオ・日曜 9:30〜
中央エフエム・日曜 21:00〜
ラヂオつくば・日曜 10:00〜
エフエムたちかわ・日曜 21:30〜
クローバーラジオ・日曜 10:30〜
エフエムさがみ・日曜 12:00〜
八王子FM・日曜 13:00〜

ポッドキャストで番組を聴く

ポッドキャスト
「番組」を放送と同じノーカットでお聴きいただけます。
お聴き逃した方は是非こちらでチェックしてください!
  • 大山&えみの

北海道田舎活性化協議会「+HOKKAIDO」

 「いつもアナタのそばに北海道を!」をテーマに、ちょっと暮らしの情報や、地域の「生」の情報、説明会のご案内、また地域の特産品情報をお伝えするホームページ「+HOKKAIDO(ぷらすほっかいどう)」
 
現在、無料の個人会員も募集中です。
 
詳しくは、↑の +HOKKAIDO(ぷらすほっかいどうホームページ http://plus-hokkaido.org/) にアクセスしてください。
  • 厚沢部町の鮎釣りの風景(写真:大山慎介提供)
    厚沢部町の鮎釣りの風景(写真:大山慎介提供)
田舎で「ちょっと」暮らしてみませんか??
地元の方と触れ合い、役場のサポートを受けながら市町村に短期(1週間〜1ヶ月、半年間)ステイする『ちょっと暮らし(お試し居住)』 観光やマンスリーマンションでは味わえない「町民、村民体験」ができる・・つまり「観光ではなく、移住でもない。『お試し』で暮らすこと」を言います。

役場の方だけでなく、地元の方との触れ合いによって、観光ではわからなかった「ちょっと違う目線」で町を見ることができます。

平成17年に実証実験を行ない、28人が参加。
翌平成18年から本格的にスタート。400人が参加。
現在「ちょっと暮らし(お試し居住)」は、全国でおよそ400団体が行っています。

この番組は、その「ちょっと暮らし」の情報はもちろん、「北海道の暮らし方・付き合い方」をリスナーの皆さんと一緒に考える番組です。
  • 大山&えみの
毎月最終日曜日『お便り特集』
全国の皆さんからいただいたおハガキやメールをご紹介しています。
「ちょっと暮らしする時の疑問・質問」「北海道暮らしってどうなの?」逆に北海道の皆様から「北海道と本州のギャップ」「道内から道内の町へのちょっと暮らしってできるの?」などテーマはフリーです。★番組でご紹介された方全員に、大山慎介のふるさと厚沢部のスペシャル・グッズをプレゼントしています!あなたからのメッセージをお待ちしています! \(^o^)/

メールは・・・ kura●stv.jp (●の部分を@に変えてください) 

ハガキは・・・ 〒060-8705 「STVラジオ ちょっと暮らし北海道お便り係」

※必ず『住所』『氏名』『電話番号』を必ずお書きください。

2019年11月17日『北海道 本別町』

2019年11月17日(日)
  • 今週は本別町

本別町役場の鈴木さんに、大山さんも大興奮のちょっと暮らし住宅について伺いました!

本別町は、十勝の東北部に位置し、町の半分以上が山林の緑豊かな町。
1年を通して晴天が多く、夏と冬の寒暖差はありますが、比較的降水量・降雪量が少ないのが特徴です。
まちの基幹産業は農業で、特産品は豆! 
片仮名で「キレイマメ」という、黒豆の加工品のブランドが有名です!
このほか、小麦や馬鈴薯など優れた農産物を生産しています。
本別町には北海道を横断する高速道路(道東道)のインターチェンジとジャンクションがあり、
釧路方面や札幌などの道央圏を結んでいます。

その本別町で移住に関するお仕事をされている鈴木さんにお話を伺いました。
中でも、本別町の3タイプあるちょっと暮らし住宅の1つ…
豊かな自然が広がる本別公園内にある「義経の里御所」!!
地場産カラマツ材の温かみと気品が感じられるコテージ。
すごく広々としていてキレイ。なんといってもバリアフリー!
身体が不自由だという方でも利用することが出来ます。
「まちを知るコース」か「特産品づくり体験」を滞在期間に組み込むことで、
コテージを半額で利用できます!!(1泊5,600円)安い!!!

雪が少なく、2つの空港もおよそ1時間で行けるという立地条件…
過ごしやすい本別町にぜひお出かけください〜!
STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く