牧やすまさ路地裏のスピリッツ

アサヒスーパードライ まちの情熱きわめつけ

幕別町・木川商店「十勝のコロッケ」

2019年11月15日(金)

十勝のコロッケ「ゆり根とインカのめざめ」310円(税別) 「長いも」250円(税別)

今週のまちの情熱きわめつけは、冬が近づいてくる中で、味覚の秋らしい一品を楽しんでいただきたい!ということで、その名も「十勝のコロッケ」という、手作りのこだわりコロッケをご紹介!四種類の「十勝のコロッケ」から、「ゆり根とインカのめざめ」と「長いも」をご用意しました!
  • コロッケ
このコロッケのおいしさのヒミツを教えてくれたのは、今回ご紹介のコロッケや地元の豚肉を使ったメンチカツも大人気の木川商店の店長 萩原路代さん。
元々、食品やお酒の販売を行っている、町にとっては必要不可欠な存在でもある木川商店ですが、人口減少や大手スーパーの進出に伴い
「仕入れしたものをそのまま販売するだけではなく、せっかく十勝には最高の食材がたくさんあるのだから、それに愛情を込めて手を加えて、おいしい手作り惣菜を作ろう!地元密着だからこそできる方法を模索しました!」と萩原さん!そのため、ほとんどの食材が地元幕別町産!
そんな木川商店が手がける「十勝のコロッケ」!十勝らしい食材を使ったコロッケを作ろうと、最初に取り組んだのが、ゆり根とインカのめざめ!両方とも地元産(ゆり根→隣町の忠類)、ゆり根の白にインカのめざめの黄色が映える!
さらに、収穫時期がまさに今!ゆり根もインカのめざめも一緒なんです!それを熟成(半年〜1年)させて甘さを充実させる!その熟成後の糖度が同じくらい!という意味でも相性バツグン!調味料の甘みではなく、自然な甘みと色合いがマッチング!
この素材のおいしさ、優しい甘さだけで充分勝負ができる!ということで、味付けは少量の塩コショウのみ!これも塩気が足りないからではなく、スイカに塩の理論!あくまでも甘さを際立たせるため、味を締めるために、調味料としてではなく、素材を活かすためだけに使っています。

十勝らしさが前面に押し出せるようにと4種類のコロッケが販売されているわけですが、試行錯誤の中で「十勝のコロッケ ラクレット」「十勝のコロッケ アスパラベーコン」が開発、商品化され、最後に完成したのが「十勝のコロッケ 長いも」!全て幕別産!ひと口で幕別らしさをほおばれる、そんなコロッケにしようと長いもを使うことに!しかし!ただ単純に長いもを使うだけではダメ!そこは地元の強み!地元の食材のことは誰よりもわかっています!長いもとじゃがいもを一緒にミンチして混ぜてしまうと、食感がわからなくなってしまう!そこで長いもを角切りにし、じゃがいものホクホク感、長いものシャキシャキ感それぞれが楽しめる、丁度良い食感を目指して試行錯誤!味付けは、この自慢の食感をシンプルに楽しんでもらえるように、こちらも塩コショウのみ!
地元の食材に自信があるからこそ、そのまま召し上がれーというシンプルイズベストな自信作!「十勝のコロッケ」は4種類!
食の宝庫、十勝の魅力を食べ比べしてみてください!
  • 包装
■十勝のコロッケ「ゆり根とインカのめざめ」310円(税別)
 十勝のコロッケ「長いも」250円(税別)
帯広のデパート藤丸にて十勝収穫祭を開催!揚げたてを提供(14〜19日)、
さらに地下食品売り場(冷凍)では常時販売、ネット、電話、忠類の道の駅でも販売中

木川商店
幕別町本町120
営業時間 9:00〜18:00
定休日 土日
TEL:0155-54-2413 
  • 牧&なおこ

アサヒスーパードライ まちの情熱きわめつけ

バックナンバー

北海道地域情報サイト