オハヨー!ほっかいどう

芸術はひきわりだ!

2020年9月18日(金)

9月18日(木)の番組

  • 画像
    芸術の秋と食欲の秋を融合させた新たなアートです。

《今日のオンエア曲》

5時 M1  水のルージュ / 小泉今日子

6時 M2  冬椿 / こおり健太
   
8時の空と歌 
   M3  映画:ブラス から 【 潔い決断 】

「なるほど!朝活ワード」

7時40分頃からの『なるほど!朝活ワード』

今朝のワードは【 芸術の秋 】 

今年も「芸術の秋」がやってきました!
「芸術の秋」で足を運ぶ場所と言えば、美術館もそのひとつですが・・・
新型コロナウイルスの影響で、いつでも気軽に行ける場所だった美術館も日時指定の予約制になったり、密を防ぐために入場制限をしているところが増えはじめ、ふらっと行くことが難しくなりました。
しかし休館している間に、各美術館では新たな試みが始まっています。
例えば東京国立美術館の「ピーター・ドイグ展」では、360度カメラで撮影した展示室の様子をスマートフォンやパソコンから見ることができる「バーチャルツアー」や、森美術館の「未来と芸術展」でも、会場内を撮影して制作された3D空間にある作品をスマートフォンの操作により自由な角度で見ることができる「3Dウォークスルー」など「デジタル化」が進んでいます。
変わってきているのは芸術の「楽しみ方」だけでなく芸術家さんたちの「活動の場」も変わりつつあります。
コロナにより「作品を見てもらう機会が少ない」「創作する場所がない」という悩みを持った芸術家にアトリエを併設したり制作活動ができる部屋を安く提供する「アートホテル」が増えてきています。
去年11月、京都にオープンした「カガンホテル」には、24時間創作活動できるアトリエ、若手芸術家たちが住む部屋、更には宿泊客が選んだ作品を飾れる客室などが備わっています。
そこに住む芸術家はホテルのスタッフとして働きながら制作に打ち込んでいるそうです。
実際に滞在しながらアート活動に勤しむアメリカ出身の現代画家キース・スペンサーさんは、「カナダの大学を卒業したが地元や学校にコミュニティがない。ここのホテルだと写真家や書道家などの、自分とは異なる分野の芸術家が住んでいて刺激的にもなる」と話しています。
また、このホテルに宿泊した名古屋在住の男性会社員は「制作現場を見るなど、美術館や芸術祭では得られない体験が出来た」と興奮気味だったようです。
東京では、地下に大きなアトリエを併設し、アーティストの制作活動を宿泊者が見学でき、アートが生まれる瞬間に立ち会えるという、旅行者と芸術家の交流を目指すホテルの開業も予定されています。
美術館で見る作品は本来ならば「現物」を自分の目で見て感じることが本筋ですが、このご時世、移動もままならない中で美術への興味や関心を高めていくためには、デジタル化で楽しんだり美術が生まれる過程を見て楽しむなど、芸術への触れ方が少しずつ変わってくるのかもしれません。

《ツルハ ハッピーライフ 毎日笑顔!》

今週のテーマは、【 私の一等賞 】です。

・亡くなったお母さんの卵焼きは、甘くて柔らかくて、真似て作ってみてもあの味は出せない。お母さんの卵焼きがやっぱり一等賞!
・一等賞なんてもらったことがなかったリスナーさん、町のビアパーティの抽選会で初めての一等賞、折り畳み自転車が当たった!
・転勤族で、娘さんには、せっかくお友達ができても転校が多く可愛そうな思いをさせてしまったというリスナーさん。娘さんは高校卒業後、首都圏で少ない仕送りの中で学生生活を過ごし、就職してからも頑張ってきたそうです。
そんな娘さんがもうすぐお母さんになるんだそう。がんばり屋さんの娘さんに一等賞!

という一等賞のエピソードをご紹介しました。

来週のテーマは「ライスにナイス!おいしくて米っちゃう」
お米に合うおすすめのおかずを教えてください!

メール:ohayo@stv.jp、FAX:011-202-7290
『ツルハ ハッピーライフ 毎日笑顔』の係までお寄せ下さい!

番組情報

放送時間

毎週 月曜日〜金曜日

5:30〜8:30 生放送

パーソナリティ

番組へのメッセージ・リクエスト

メール:

ファックス:011-202-7290

お便り: 〒060-8705
札幌市中央区北1条西8丁目

STVラジオ オハヨー!ほっかいどう

お知らせ

バックナンバー

STVラジオをradiko.jpで聴く
data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">