オハヨー!ほっかいどう

※画像はイメージです。実際に糸電話で通話することはありません。

2020年11月26日(木)

11月26日(木)の番組

  • 画像
    来週、11月30日からの2週間は、朝から元気に仕事をしている人、朝食やお弁当作りで早起きしている人を前向きに応援!
    「朝活応援!生電話」しちゃいます!
    時間は早朝5時45分!電話で話したいという方は
    メール ohayo@stv.jp、FAX011-202-7290、
    おはがき 〒060-8705 STVラジオ「オハヨー生電話」係までご応募ください。
    「オハヨー!ほっかいどう」で朝活しましょう!
    ご応募お待ちしています!!

《今日のオンエア曲》

5時 M1  与える男 / ユニコーン

   M2  ホワイトマーチ / sumika

6時 M3  老眼になった君へ / 石川優美&Pono Lani

8時の空と歌 
   M4  チャイコフスキー作曲:「くるみ割り人形」より~花のワルツ ※曲紹介時違う曲のタイトルを紹介してしまいましたがおかけしたのはこちらの曲でした、失礼しました。リスナーさんご指摘ありがとうございます。

「なるほど!朝活ワード」

7時40分頃からの『なるほど!朝活ワード』

今朝のワードは【 電話リレーサービス 】

耳の不自由な人のコミュニケーション手段としては、手話や筆談がよく知られています。
また、相手が遠方にいる時などは、手紙やメール・FAXなどが、これまで主な手段となっていました。
しかし、そういった方法では返事が来るまでに時間がかかってしまい、急ぎの用件の時には間に合わないというケースもあります。
そんな悩みを解消するサービスがこの「電話リレーサービス」で、利用者はスマホやタブレット、パソコンを使い、手話や文字を画面を通してオペレーターに伝えます。
オペレーターはそれを音声に訳して相手先に電話で伝えるという仕組みになっていて、耳の不自由な人と相手方との通話を可能にしています。

この「電話リレーサービス」は既に世界の25カ国以上で無料で提供されています。
しかし日本国内では、2002年頃からいくつかの民間会社がサービスを提供してきましたが、企業側が採算が取れずに撤退してしまったり、利用者側も利用料金が負担になるなど、様々な理由から広く使われるまでには至りませんでした。
また、2013年からは日本財団がサービスのモデルプロジェクトとして無料提供をしてきましたが、警察や消防・救急などの緊急通報には対応していないのが現状です。

そんな中、ようやく来年度から、国の電話リレーサービスの提供が開始されることが決まりました。
毎日24時間利用でき、緊急通報にも対応できるサービスにする方針とのことですが、そのためには、病気や事故などの緊急時に内容を速く正確に伝えられる高い技術を持った通訳の確保など課題はまだまだありそうです。

電話の発明からおよそ150年。
一日でも早く、誰もが平等に、遠くの人とすぐに繋がることができる世の中になってほしいものですね。

きょうは【 電話リレーサービス 】についてお伝えしました。

《ツルハ ハッピーライフ 毎日笑顔!》

今週のテーマは「マイブックストーリー」です!
今朝は…

・骨董市で満州の古本を購入したら、古い身分証が挟まっていた。長野県の住所が記載されていたので、長野県の満州引き揚げ記念館に連絡すると、「私の叔父です!」という人が現れ、約80年ぶりに古里へお返しすることができた。
・高校の頃、学校の図書館で借りた赤毛のアンに影響され、友人同士で舞台となったカナダの島に旅行に行ったり、中にはカナダの人と結婚した友人もいた。
・小学校のPTA会長をしていた時、子供たちに本を大好きになってほしいとの想いが込みあげ、当時小学5年だった息子さんに絵を書いてもらって作ったオリジナルの紙芝居を入学式の挨拶の場で披露した。懐かしい思い出。

というメールをご紹介しました。
明日も「マイブックストーリー」
ずっと大切にしていて人生の転機には必ず読む本がある…、本がくれたあの人との出会い…などなど、
あなたの本にまつわる物語を教えてください!
メール:ohayo@stv.jp FAX:011-202-7290
『ツルハ ハッピーライフ 毎日笑顔』の係でまでお寄せ下さい!
STVラジオをradiko.jpで聴く