吉川のりおスーパーLIVE

レバ・ラボ!

シーズン終了!最終節を振り返ります!

2022年5月9日(月)

オープニング

こんにちは!レバンガ北海道を全緑応援する番組「レバラボ!」ナビゲーターの田村みなみです!
昨日でレバンガ北海道の今シーズンの試合はすべて終了しました。
バスケットはシーズンごとにメンバーの入れ替わりが多いので、
このメンバーで戦う姿はもう見られない可能性が高いと思うと涙が出てきそうになりながら昨日の試合を応援していた1人です。
昨日は3103人のブースターが応援に駆け付けていましたが、
応援の手拍子が1つになる音、大好きなんですよね〜
レバンガを応援していて良かった!と思えるチームの魅力を、
今日もみなさんと一緒に味わっていく10分間!よろしくお願いします!

レバンガ・リポート

最終節、ホーム・北海きたえーるで
富山グラウジーズとの試合でした。

まずは土曜日、立ち上がりから最後の最後まで
ずっと点の取り合いが続いて目が離せない展開でした。

第4Q、残り1分38秒、相手のフリースローで93対93の同点に。
残り51秒、レバンガ中野にフリースローのチャンスが回ってきます!
大事な場面でしっかりと落ち着きを見せ、シュートを決め最終的に96対93、
レバンガが勝利を掴みました。

日曜日の試合。
富山も昨日の修正をしっかりとして臨んできます。
序盤から相手に流れを掴まれてしまい、前半を終えて最大18点差と苦しい入り。
しかしレバンガはここから躍動!
大事なところで山口の3Pや松下のシュートが決まり点差を少しづつ縮めていきます。
最大18点の差があったスコアも気が付けば2点差。
この日の試合もどっちが勝つか最後の最後までわからない展開となりましたが
最終的に91-89、悔しい負けとなりました。

2日間ともロングが4Qで5ファールで退場と苦しい時間もあったのですが、
ロングが抜けたところをしっかりとカバーして勝ち切った土曜日も、
負けてはしまったけど2点差まで詰め寄った日曜の試合も粘り強い姿に感動しました。

試合後ブースターに向けて橋本キャプテンがおくった言葉です。
「来シーズンのホーム最終戦ではこれからCSに行ってきます!また戦っていきます!と
言えるように頑張ります!僕たちのことをこれからも応援してください!僕たちも頑張ります。」と
メッセージを送りました。

メイン・ルーム

  • 練習風景
    佐古HC就任間もない頃の練習風景
試合後に行われた佐古HCの記者会見の模様を一部お送りします。

「シーズン終盤になって2番3番が成長したことで、
どこのチームともクロスゲームができるチームになってきたと実感している。
“凡事徹底”という言葉を1シーズン言い続けてきたことによって
自分の仕事を全うできるようになった。
強豪相手にも追いかける展開から勝つ、という経験がかなり自分たちのチカラになった。
基礎部分は出来たと思うので
来シーズンは結果に繋がるように選手と向き合って
我々に合ったチーム「戦う集団」を作っていきます。
今シーズンのデータ、残る選手の特性も分かったので
シーズンが始まる時には“どういうチームにするのか”しっかり伝えられるように整理したいと思います。」

と話しました。

STVラジオをradiko.jpで聴く
STVラジオ60周年