工藤じゅんきの十人十色

健康いきいき

第55回! “はやし先生の!健康いきいき!”

2019年9月19日(木)

木曜12時台のコーナー!『はやし先生の!健康いきいき!』

どんなコーナー・・・?

このコーナーは、簡単で楽しくタメになる健康のワンポイントアドバイスや実践方法などを紹介するコーナーです!
教えてくださるのは、江別市にあります“はやしハリきゅう整骨院”の院長・林恒博先生!
  • 健康いきいき(1)

第55回は【ばね指】と【噛み合わせ】

小清水町 トントンとんちゃん 44歳からの相談
林先生にご相談なのですが、今年に入ってから、
右手を握りしめ手を開こうとすると、中指の第二関節が
「パチッ」と跳ね返ります。これは「ばね指」の症状でしょうか?
特に痛みはないのですが、農家に嫁いで8年目、、、
だんだん関節が太くなってきました。このまま症状は治らないのでしょうか?
病院に行った方が良いのでしょうか?
逆に、昔やっていたピアノなどで関節を動かすことを
意識した方が良いのか、教えて頂けたら幸いです。

話を聞く限り「ばね指」の可能性は高いですね。
ばね指というのは、指の腱が炎症を起こしてできる症状になります。
農家の方にも多く見られます。原因は指の使いすぎなんです・・・。
対策はとにかく使いすぎないことなんですが、、、
農家さんは使ってしまいますよね。
ですので、基本的に指を使いすぎないように気を付けてください。
3週間ぐらいは安静にしているといいのですが、この時期は難しいですね。
ばね指は腱鞘炎と思ってもらうとわかりやすいかと思います。
あまりにも酷いと手術になるケースもありますので、
早目に病院に行かれた方がいいと思います。


当別町 ぽっちの相棒 55歳
林先生、いつもためになるお話ありがとうございます。
私は何年も前から左の歯の調子が悪く、右の歯だけで物を噛んでいました。
すると、50歳を過ぎたころから左側のほうれい線が深くなっていて、
左肩も右肩より下がっているように見えます。
偏った噛み方が関係あるのでしょうか?
対処法も教えて頂ければ嬉しいです。

偏った噛み方は噛むために使う筋肉の発達に影響する場合もあります。
それによって、左右の顔の筋肉に違いが出て、
それが影響してもしかするとほうれい線が深くなって
しまっている可能性があります。
肩の高さは噛み合わせが全てではありませんが、影響もないとも言えません。
出来るだけ早くに歯の治療を終え、物を噛むクセを均等に修正することと、
少しでも猫背の改善に取り組んでもらえるといいですね。
前にお伝えしている猫背改善の体操を是非やってみてください。
歯が悪いと、上手に力が入らない原因にもなりますので、
結果腰や肩を悪くしてしまうこともありますので、
早く左の歯の治療を終えれるといいですね。
(文章の間に内山さんの相槌などで会話をしていく感じにします)
  • 健康いきいき(2)
  • 健康いきいき(3)

質問募集中!

毎週木曜日に放送“はやし先生の!健康いきいき!”
林先生への質問や相談など、ぜひ番組にお寄せ下さい!

●メール・・・ toiro@stv.jp  
●ファックス・・・ 011-202-7290

林先生がいらっしゃる「はやしハリきゅう整骨院」は江別市にあります。
詳しいホームページもありますので、そちらも御覧ください。

来週もお楽しみに〜〜♪
STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く