どさんこワイド179

異色のコラボ!花屋の中のカレー店

2020年4月2日(木)

異色のコラボ!花屋の中のカレー店

花屋さんの中にあるカレーのお店をご紹介しました。

sōko_maruyama(ソーコ マルヤマ)

【住所】札幌市中央区南1条西24丁目
【電話番号】011-621-8711
【営業時間】11:00〜17:00(ラストオーダー フード15:30、カフェ16:30)
【定休日】月曜日 ※月曜日が祝日の場合は火曜日
  • 異色のコラボ!花屋の中のカレー店
  • 異色のコラボ!花屋の中のカレー店
  • 異色のコラボ!花屋の中のカレー店
昨年9月、地下鉄東西線円山公園駅から徒歩2分の所にある生花店「札幌フラワー&カフェ」内にオープンしたカレーのお店です。
札幌場外市場にある人気カレー店「倉庫カリー」の姉妹店で、インド出身のシェフが本場の味を再現します。色鮮やかなお花のすぐ近くで食事ができ、カレーとナンはテイクアウトもできます。
  • 異色のコラボ!花屋の中のカレー店
    ●ナンとサラダの1プレート 1100円(クワトロフォルマッジ)
ユニークで食べ応えのあるナンをご紹介しました。カットされたナンの中には4種類のチーズが入っています。ナンは専用のタンドール釜で焼いてから粉チーズをかけて炙っていて、香ばしさもあります。クワトロフォルマッジの他に4種類の味があります。
  • 異色のコラボ!花屋の中のカレー店
    ●スパイスカリー(1種/海老と揚げナス) 800円
  • 異色のコラボ!花屋の中のカレー店
    ●スパイスカリー(3種) 1150円 ※好きなカレールーを3種類選べる
お店自慢のカレーも5種類あり、中でも一番人気の「スパイスカリー(海老と揚げナス)」をご紹介しました。食べ応え抜群で辛みもほとんど無く、お子さんにも人気です。
お米はインディカ米の一種・バスマティライスを使用、細長くパラパラしていてカレールーに良く合います。

色々なカレーを食べたい方には「スパイスカリー(3種)」がオススメです。一度に3つのフライパンでルーを作り、三角に形を整えたライスの側面にそれぞれのルーが盛りつけられています。
その他、ナンとカレーがセットになった「ナンとサラダ&ミニカリーのセット」もご紹介しました。
  • 異色のコラボ!花屋の中のカレー店
  • 異色のコラボ!花屋の中のカレー店
    ●ナンとサラダ&ミニカリーのセット 1350円
    ※ナンとカレーは5種類から選べる
家庭でカンタン!カレーが美味しくなる隠し味
  • 異色のコラボ!花屋の中のカレー店
  • 異色のコラボ!花屋の中のカレー店
    ●スパイスカリー(1種/ポークビンダル) 800円
店長・和田雅信さんがカレーが美味しくなる隠し味を教えてくれました。
お酢を入れるとカレーのコクが増し、お肉も柔らかくなるとのことです。お店でも「ポークビンダル」という豚肉が入ったインドカレーにお酢を使っています。
ご家庭で作る時は、煮込んでいる最中に1人前に対し小さじ1杯入れると良いです。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ