どさんこワイド179

梅とジャコのふくさ寿司

2019年3月21日(木)

梅とジャコのふくさ寿司

▼材料(4個分)

  • 材料
卵3個、塩小さじ1/4杯、みりん大さじ2杯、水溶き片栗粉大さじ1杯分、三つ葉4本
熱いご飯2膳
合わせ酢…塩小さじ1/4杯、てんさい糖小さじ2杯、酢大さじ1杯
梅干し1個、ちりめんじゃこ大さじ2杯、酒少々、白ごま大さじ1杯

▼つくりかた

(1)卵をよく溶いて塩、みりん、水溶き片栗粉を混ぜて一度茶こしで濾します。フライパンは温めて置いて、キッチンペーパーで油を塗り、1/4量の卵を平均に流して焼きます。火が通ったら菜箸で返して裏面も軽く焼いて取り出します。同様に残りも3枚焼きます。
(2)ご飯は冷めないうちに調味料を合わせて混ぜます。梅干しは種を取ってほぐし、ちりめんじゃこはさっと水をくぐらせてから、酒をまぶしておきます。ご飯と材料を全部合わせ4等分の俵型に結びます。
(3)薄焼卵の先に焼いた方を下にしてご飯をのせ、手前、横にたたんでから、向こうに転がして包みます。
(4)器に盛り、上にさっと湯通しして結んだ三つ葉をあしらいます。

▼できあがり

  • できあがり
日本料理の醍醐味は美術的センスにあふれていることです。作る方も食べる人の喜ぶ顔を想像しながら楽しんで作り、出された方は季節ごとの素材の美しさと、盛り付けや形の美しさを愛でながら頂くことが出来ます。
春にはふくさ寿司、古の時代を思い出しながら喜んで頂きたいものですね。
1人分 240kcal 塩分1.3g